淫乱な部活

 

 

高校の時に陸上部で大会でしょっちゅう記録残す先輩が2人いました。

その先輩達は大体2人でつるんでて、

いつからかそこに友達が入るようになってました。

不思議に思ってたけどその友達が先輩の家に誘われたからお前も来いって。

連れられて着いた家の奥では雄の匂いが充満させて大量の雄が交尾してました。

友達は服を脱ぎながら奥に、

喘いでた男の口に自分のチンポを咥えさせました。

俺は急に肩に腕を組まれ、

顔を見たら先輩で、

その股間には上を向いたチンポが…

「〇〇か、いいじゃん」 と言われ雄臭い部屋に押され、

無理やりキスをされました。

童貞臭くそれだけで勃起させてしまい、


すかさず先輩が自分のケツに俺のチンポをあて、

飲み込んでしまいました。

後ろにはもう1人の先輩が俺のケツを弄り始め、

抜こうと動いたらチンポが気持ちよくなってしまい、

つい先輩のケツの奥に戻してしまい、

やめられなくなって自ら先輩のケツを掘り込み中出ししてしまいました。

種付けされた先輩は即座に他の男にハメられ、

友達もハメられながらチンポをしゃぶっていた。

女好きだった友達が雄のチンポに屈している姿は最高に淫乱で、

先輩が俺のケツにチンポ入れようとした時の抵抗は無くなった。

顔に知らない男のチンポを近づけられても嫌悪無く咥えた。

ハメられながら友達とお互いのビンビンチンポを兜合わせしながら濃厚なキスをした。

全く考えた事無かった。

男同士で、

しかも友達に俺が手を出してしまうなんて。

その後は学校でもキスやフェラするようになり、

交尾も我慢出来なくなるまで遅くなかった。

俺たちの身体を悦んで貰えるよういつも以上鍛え、

俺達も少し記録残すようになり。

俺と友達は気に入った後輩を勧誘していった。

卒業後も後輩が新しい奴を呼んでは育っているようで、

淫乱な奴はみんな少なからず好記録出してるだろう。

88x31_2