バイの学生君が彼女にドタキャンされた結果

 

gayjapan

 

学生の時、彼女にドタキャンかまされて、

イライラがマックスになった俺は

性欲を満たす為だけに掲示板に書き込みしてみた。

意外にもすぐに返信がきてやり取りすると近所の人だった。

俺の住んでるマンションに呼んでみるとサーファー風ワイルドなスジ筋登場。

部屋に上がるなり抱き締めてきて、口を奪われながら裸に剥かれた。

男との経験が無いけど、性欲が有り余っていた俺は ベッドに腰掛けた奴の股ぐらにしゃぶりついた。

すると鷲掴みにされ喉を突かれるて、えずきながらも頑張っていたら

「美味そうにしゃぶるな。」

「俺が初めてを貰ってやるよ!」と褒められた。

そして俺を四つんばいにしてアナルにローションを塗って指を挿入して掻き混ぜてきました。

最初は気持ち悪かったんですけど、

だんだん未経験な快感が押し寄せ 声を出して喘いでいました。

そしてベッドの上で大の字おおぉ変態だなお前!」

奴も腰を掴み下からグラインドしながら突いてくる。

俺のアナルがマンコになってゆく。

マングリ返しになりピストンがはじまる。

パンパンに上がった奴の金玉があたる。

突かれるたび声がでちまう

「もっとして!突いて!壊して~!」

「オウ!オンナにしてやるゼ!オマンコになれよ!俺のチンコ美味ぇか!」

「何して欲しい!云わなきゃ抜くぞ!」

「俺のガキ孕みたいんか?」

「欲しい~!」

ピストンが小刻みに早くなる。

「取り敢えず一発目イクぜ!」

スゲぇ速さで突きまくり奥まで突き刺ささったと

同時にトコロテン。

「ウハ!初めてみた、トコロテン」

「気持ちいいよ~!」繋がったままディープキスで舌を絡め、互いの唾液を味わった。

「朝までたっぷり犯してやるよ!」

ケツん中でまた硬くなる奴のマラ。

ドタキャンに会ったことを心のそこから感謝したよ。

br1