みるからに高○生の男の子・・・

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

掲示板で知り合った人とホテルで待ち合わせした。

相手は大エイタといっていたが会って話をしてみると見るからに高校生だった。

名前はエイタ君。

エイタ君は年上を犯したいといっていた。

俺は年下しか興味が出ないヤツなんで願ったり叶ったりだった。

ホテルのベッドで抱き合って色々話す内にキスしたり身体を触ったりしてイチャイチャし始めた。

エイタ君は『挿入したいけど生は嫌です』といっていた。

俺もそれならそうしようと話してフェラを楽しんでいた。

俺のフェラは巧いみたいでエイタ君はイキそうになりながらも必死でこらえていた。

幼いと言うよりはエイタとは思えないくらいにほどよい肉付きで俺のケツがうずいて自然と濡れていた。

俺はエイタ君の頼みで上から乗って乳首をしたから噛まれながら悶えていた。

気持ちよい声が部屋中に響き汗もかきながら気持ちよいことを続けていた。

俺は濡れたケツの湿りでエイタ君のチンポを素股のような感じでこすりながら刺激し続けた。

エイタ君のチンポは太さも長さもある立派なもので俺のケツが必死に受け入れようとしていた。

エイタ君は『やっぱだめだよ』といいながら気持ちよさと戦っていた。

俺はケツやチンポに触れることなく必死で入れようと腰をくねらせたり、

穴をずらしたりして入れようと頑張った。

少し粘った結果エイタ君のチンポがケツの入口を捜し当てた。

俺は少しずつ体重をかけながらエイタ君のチンポを受け入れようとしていた。

少し入ってエイタ君は気持ちよいのか

『うわ~~~~、いいよいいよ』 といいながら

したから腰を突き上げて奥まで入ってきた。

『やばいよ、気持ちよいけど中でチンポが熱いよ』と

あえぎながらエイタ君の頭をつかんで引き上げて激しくデイープキスをして感じあっていた。

エイタ君もケツにチンポを入れたまま体勢を正常位に替えようと起きあがってきた。

俺はベッドの縁から上半身が落ちそうな格好で必死にエイタ君のチンポが抜けないように、

エイタ君の身体に脚を絡めて抱きついたりしていた。

エイタ君も正常位で激しい腰遣いをしながらキスしたり、

唾を上から垂らして飲ませたり、

ちくびや脇腹を舌で刺激して俺の身体を感じさせてくれた。

俺は未だトコロテンの経験がないけど、

ケツが気持ちよくなるとそれだけで満足できる受けだ。

エイタ君のチンポが激しく俺のケツの中で頑張り続けたが、

ようやくその時を迎えていた。

エイタ君は俺の肩を両手でつかんで引き寄せながら

『イキそうイキそう』吐息をまき散らしながら腰は動かしていた。

俺は『良いよ良いよ。そのまま俺の中に出してよ』と

エイタ君の背中に抱きつくように手を回してエイタ君と永遠に離れたくないという意思表示をしながら、

エイタ君のザーメンを受け入れようとした。

エイタ君は何も言わずに俺にディープキスをしてきて、

俺の口の中に激しい息づかいで息を吹き込みながら俺の中にたくさんのザーメンを出して終わった。

俺もその瞬間に激しい息づかいをしながらエイタ君のザーメンが動いている気がした。

エイタ君のチンポは堅さを失わずに俺の中に突き刺さっていた。

俺は何度もエイタ君の口がほしくってキスをせがみながらエイタ君に抱きついて離さなかった。

エイタ君も俺を腕枕しながら一緒に休んでくれた。

俺はすごく幸せだった。

エイタ君は『とうとう生でしちゃった』と哀しそうな顔をしたけど、

『でも気持ちよかったし、好きになりそうです』といって笑ってくれた。

エイタ君は『明日も学校があるから』と

雨の中に来てくれた道と 同じ道をバイクで帰って行くといった。

俺は悲しい思いがしたけど、

エイタ君の後ろ姿を見送ることにした。

エイタ君は部屋のドアの前でしっかり抱きしめてくれながら、

再度激しくキスしてくれて部屋を出て行った。

俺はそのキスの味とエイタ君の朝がしみこんだタオルとを抱きながら眠った。

昨日エイタ君からメールが来て

『また抱きたい』っていってくれた。

俺はあのときのエイタ君の体臭を思い出しながらエイタ君とのセックスに思いをはせている。

88x31_2