濃厚ザーメン専用の種壷

 

gayjapan

 

この前、発展場に行った。

行く前に、「久しぶりにケツマン掘られたいからデカマラの奴だけ、セーフでいれてくれ!」と

掲示板に書いて行った。

ちょっと昼間に、いやなことがあったので、

めちゃくちゃにされたかった。

ハッテン場につくと、その日は、全裸デーであった。

俺は、スポーツもしているので、自分で言うのもなんだが結構締まっているし結構デカマラである。

ケツを洗っていなかったので、シャワーに入り、ローションでならして、シャワーを出た。

中には、7~8人ぐらいの奴が立っていた。

みんな股間を隠している。

俺は、さっきシャワー室でケツを慣らすときに、

すでに半立ちだった。

角のとこに、一人の色黒のスジ筋の奴が立っていた。

俺が通り過ぎようとしたときに、ケツに手を伸ばしてきた。

ケツにローションが付いているのが分かったのだろう。

いきなり手をひっぱられて、マットのある部屋に引き込まれた。

そして、いきなり耳元で、

「掘って欲しいんだろ!」と言ってきた。

イケメンだったので

「うん」というと、いきなりゴムマラを口マンにいれてきた。

それは、

口に入りきらないぐらいのデカマラで、

どっちかというと長かった。

今まで50人ぐらいとやったことあるが、一番の長さだった。

俺は、「ゴムマラかよ」と思いながら、

一生懸命にディープにしゃぶってやった。

すると、いきなり俺のケツに指をブスッと突き刺してきた。

ローションがそんなに付いていたわけではないので、ちょっと「痛っ」って俺は、言った。

すると、「俺のチンコほしんだろ」と言って、

いきなりゴムマラをバックから入れてきた。

俺は、痛さを絶えながら、掘られ続けていると、

だんだん気持ちよくなって、声を上げていた。

その間、ハッテン場の中にいる奴は、みんな覗いていった。

俺は、見られていることがもっと刺激的で、

「奥までもっと掘ってくれ」って大声で言っていた。

すると、一人の色白の奴が俺の口マンに、突っ込んできた。

そいつのマラもでかい。

しかも、生マラである。

バック掘られている奴よりもっとでかい。

というより、カリがでがい。

そいつは、俺ののどにガンガンにつっこんでくる。

「おれ、めちゃくちゃにやられてる」って思っていると、

いきなりケツに、ディルドを突っ込まれた。

ゴムマラの奴が突っ込んであそんでいる。

それは、Lサイズのもので、俺には、全然入らない大きさのもので、あった。

しかし、ゴムマラの奴にガンガン掘られたおかげで、

なんなく入ったみたいだし、ものすごく、気持ちいい。

チンコより硬くて、俺はもっと大声で叫んでいた。

すると、色白の奴が、ディルドをいきなり抜いて、

デカマラを生で突っ込んできた。

「生はまずい。

それは・・・・」

それは、Lサイズのディルドを入れて慣れていても、きついくらいのものである。

「でかい。」そいつの掘り方は、

やさしいかんじである。

抜けそうなぐらいまで、ひいて、一番おくまでついてくるかんじの長いマラで掘ってくる。

俺の口には、スジ筋の俺のアナルにさっき入っていたゴムマラが入ってくる。

gayjapan

そいつは、俺のアナルにはいったままのゴムマラを俺の口にいれてくる。

これは、ローションとへんな匂いがして、俺は吐きそうになる。

でもこれが一層俺の変態心に火をつけた。

俺は、歯でゴムマラを、やぶって思いっきり吸ってやった。

すると彼は、いきなり俺のアナルに入っているデカマラを抜いて、押しのけいきなり入れてきた。

すると、「ドク、ドク」っというのが俺のアナルに響いた。

俺は、「やられてしまった。」という気持ちになった。

そしてそのマラを俺の口にもう一度、入れてきた。

それは、精子の匂いとローションのへんな感じがするマラであった。

それは、出したにもかかわらず、ビンビンであった。

俺のアナルは、ゆるゆるになり、俺の理性も壊れていたと思う。

色白の奴は、どうしてどけられたのかを察したのか、

もう一度俺に入れてきた。

今までのローションではない

「グチャ クチャ」っという音が、俺のケツマンの方で鳴る。

そして、ケツを掘るスピードが速くなってきた。

すると、俺は、いきたくなって、

「いきそう」っというと、 ケツを掘っていた奴は、

いきなり俺のケツからマラを抜いて、

俺のマラは、色白の奴のケツにブスっと入れた。

俺は、何がなんだかわからなくなり、腰を振ってしまった。

すると、彼の中に俺の種を奥の奥にだしてしまった。

色白の奴も俺の種を感じたのか

「オー」っと声をあげている。

俺も「気持ち良い」っと思って、

種つけても抜かないでいた。

すると、色白の奴が、俺のマラを抜いたと思うと、

又俺のアナルに入れてきた。

俺は、いってしまうとケツは、使えないのである。

しかし、彼は、俺の手を振りのけて、またあのデカマラを入れてきた。

それは、さっきまでのデカマラとは、全く違うデカラマであった。

先ほどまでは、カリがでかいというものだったが、太い。

俺にアナルをほられたからだと思うが、ギンギンである。

硬い・・・・・・・。

俺は、痛さに耐えながらも掘られ続けていると、

彼にも、最後の時がきたのだろう。

いきなり、正上位になり、俺に覆いかぶさるかんじで俺の耳元で、

「お前の種返してやるよ」と言って、俺の奥の方ばかり突いて来た。

そして、ビクっとした瞬間に俺のアナルの中にジワーっと暖かいものを感じた。

「あ~~~またやられてしまった。

」 っと思いながら俺は、少しずつ気を失ってしまった。

気が付くと、俺のアナルからは、精子がダラダラと垂れてきた。

シャワー室に行き、ケツを流すと、

精子と血がまざったものが太ももをつたってきた。