30年に付き合い

 

 

俺には会い始めて30年になるヤツ浩司がいる。

初めて会ったのは、大学生の時に夏休みで地元に帰った時だった。

俺は友達との飲み会帰り、浩司は部活の先輩達との飲み会帰りだった。

ちょっとだけ覗くつもりで、ハッテントイレに寄ったのだが、そこに浩司がいた。

目が合ってそのまま個室に入り、イカせ合った後、なんとなく気があったので連絡先を交換した。

そして、大学生の間は地元に帰るたびに会うようになっていた。

それから地元に帰って就職をして、やがてそれぞれに結婚もしたが、時間を作って会っていた。

それがちょうど30年になったので、時間を作って昼間に会うことにした。

俺の車でラブホに行き、部屋に入ると抱きしめあって、キスをしばらくした。

そしてお互いに裸になり改めて抱き合った。

俺はもともと全身の無駄毛が薄く、脇に少しと陰毛も薄い。

浩司はもともと毛深い方だったが、ヒゲを脱毛したついでに全身脱毛した。

抱き合っていると肌が吸い付くようで、本当に気持ちいい。

しかも、浩司は剣道を続けているので、今もガッチリしていて背筋もすごい。

俺も野球を続けいるので、まあまあの身体をキープしている。
ひとしきり、

キスをして落ち着いたらそれぞれにシャワーを浴びてベットに入って、

再びキスをしながらお互いのチ○ポをしごきあった。


69の体制になり、俺が浩司のケツをほぐしていった。

指を4本入るようになって、バックから俺のチ○ポをめり込ませていった。

俺のモノは15cmくらいだが、太さがコーヒー缶くらいある。少しずつ掘り方を激しくしていったが、

浩司のケツヒダがまとわりついてくる。

やがて、ヒクヒクし出して俺は浩司の奥深くに種付けをした。

一息入れた後、今度は俺が浩司に掘られる。

キスをしながらローションをつけた指で、奥の方までほぐされる。

浩司のモノは、太さはコーヒーのアルミボトルの蓋くらいの太さだが、長さが17cmくらいでメッチャ上反っている。

このチ○ポで掘られると、前立腺に当たるのか物凄く気持ちよくて、

トコロテンしそうな感じがする。

俺のケツが十分に開いてくると、浩司が俺のケツにゆっくりと挿れてくる。

俺の脚を浩司が肩に乗せてチ○ポを奥まで挿れてくると、俺のケツに浩司のツルツルの肌が吸い付く。

それで、浩司のチ○ポが全部俺の中に入ったことがわかる。

やがて浩司がキスをしながら、掘ってくる。

俺のケツの中がなんとも言えないくらい気持ちいい。

気がつくと、俺の腹の上は、ガマン汁でヌルヌルになっている。

浩司が俺のケツを掘る音だんだん激しくなり、やがて俺のケツの中で、

浩司のチ○ポがビグビクして、中が熱くなった。

浩司が俺の上に倒れ込み、大汗をかいていた。

本当に、一年に数えるほどしか会えないが、

50歳になってもまだまだこの関係はやめられないくらい気持ちいい。

br1