体育大学生が合宿明けに都内のホテルで乱交!

 

br1

 

俺は体育系大学に通っていた頃の話。

夏の合宿が終わり、

ザーメンタンクが溢れそうなくらい溜まっていた。

合宿中は男くさいガタイ野郎たちの中で、

悶々とした気持ちを抑え、

体を動かすことで発散していた。

よくある体験談みたいに、

合宿中に先輩後輩のノリなんかで乱交でもはじまりゃあいいが、

実際はそんなことない。

ようやく自由の身になったのをいいことに、

掲示板で雄穴をさがしていた。

面倒くせえのは好きじゃねえし、

ノリの悪いガキも勘弁。

ネットで相手を探していると、

俺好みの兄貴が投稿していた。

おれより、少し背は低いがガタイはよさそう。

なにより、

近くのホテルですでにパキッてるとのこと。

さっそく画像つきでメールを送ると、

速攻返事がかえってきた。

胸板がある水泳体型でプリケツ。

とろとろんなってがまんできねえって。

場所もここから5分くらいだ。

なにより、

一回のメール交換で話が進むノリに惹かれた。

教えられた部屋は、

38階建ての高級ホテルの最上階だった。

エレベーターで上がる前に、

トイレでケツ割れに履き替え、

コックリングをはめた。

そして、一番奥の部屋のドアが細くあいていた。

黙って照明を落とした部屋に入った。

中には4つんばになって雄穴向けてるドラネコ野郎がいた。

胸板があり後背筋も発達していた。

短めの髪でちっちゃな競パン跡がうまそうだった。

俺は早速、ドラネコのケツを愛撫してやった。

「兄貴、何発やられたんだ?」と聞くと、

「5発っす」。

気が飛んでるんか、

弱々しい声だったが男っぽい野郎くさい声をはいた。

間がなかったとみえて、

雄穴にはザー汁がたっぷり入ったままだった。

極上のドラネコだぜ。

そう思い、フェラさせてやってると、

いい気分になってきた。

そいつも目がトローンとしてきた。

88x31_2

挑発的におれの上にまたがり、

デカマラをずぶりとくわえこんだ。

思わず、「おふっ」と声をあげてしまった。

しばらく、

ドラネコのいいように騎乗位でやらせてやったが、

そこから、駅弁、立バック、松葉くずし・・・

いいようにほりあげてやった。

「最高っす、もっとほしいっす」。

たいしたタフマンコ野郎だ。

いい形のマラも勃起させたままで、

先走りをたらたら滴らせていやがる。

カーテンを開け、

38階からの夜景を向いて、立バックしてやったら、

「きもちいいっす。空飛んでるっす。最高」と雄叫びをあげやがった。

すると、ドアをノックする音。

でかい声出し過ぎて、

ホテルの従業員が苦情を言いにきたかと心配してドアを開けると、

そこには30歳くらいの白人マッチョ野郎が立っていた。

「パーティーに加わるか?」と聞くと、

「そのためにきたんだ」と満面の笑みを浮かべていた。

そこからは3Pがはじまった。

前と後ろの穴をおれたちに差し出し、

交互に激しくファック。

白人マッチョはケツも使えるというので、

白人を真ん中に三連穴にも展開した。

ガンガンぶちこんでやると、ドラネコの中で果てた。

オレはまだ新鮮なザー汁がたっぷり入ったその雄穴に、

そのままぶちこんだ。

中はとろんとろんなのに、ねっとりしていて、

最高だった。

オレも穴から漏れないように、

雄種をはらませてやった。

ざっと4時間の獣姦が終わった。

すると、

またドアをノックする音。

凝りねえドラネコ野郎だ。