大勢相手は大変!

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

恋人に隠れて元セフレとその恋人に調教されている。

騙されて会い最初は拒んだが今では拒めない。

心は恋人一筋なんだが、

体の方が言う事を聞いてくれない。

携帯が鳴り奴等の番号だと物凄く憂鬱になるのに、

体は疼いてしまう。

この前も、いつものように二人の玩具にされた。

昼前に会って夜まで弄ばれた。

セックス以外では優しいところもある奴等に誘われ、

食事をご馳走になり、

ゲイが集まる飲み屋に連れて行かれた。

飲み屋に連れて行く時には労り以外の他意はなかったと思う、

しかし店に知り合いが数人いた事で事情が変わってきた。

奴等の知り合いは三人で訪れた我々を見て奇異に感じたのだろう。

奴等がカップルなのは皆知っている。

それじゃ僕は何なのか、

友人にしては馴々し過ぎると尋ねてくる。

奴等は平気な顔をして自分達の奴隷であると言ってしまった。

しかも恋人までいるのにセックス好きの淫乱で、

自分達に弄ばれる為なら、

何でも言う事を聞く奴隷だと。

嘘だと言いたかったが、

全く嘘でもないから言えない。

現にその日も恋人の誘いに対して嘘をついて、

奴等に弄ばれる事を選んでしまったのだから。

奴等の知り合い達は、

それを聞いて面白がり、

奴等に色々と尋ねてきたが、

奴等もまた面白がり、

二人が僕を弄ぶさまを洗いざらい話して聞かせた。

挙げ句には元セフレの恋人が僕の乳首を指先でなぶり始め、

元セフレが立ち上がり

「しゃぶれ」と命じてきた。

僕は本当に嫌だったが、

又恥ずかしかったが、

その場の雰囲気と元セフレの威圧感に負け、

椅子から降り、

その場に両膝をついて、

自分から元セフレのジッパーを開けしゃぶった。

周りから「オゥー」と言うような感心したような声がしたが、

それ以後は見入っているみたいで、

何も話し声が聞こえてこなかった。

元セフレは散々僕を弄んだ後だからか、

皆に見られているからか起たず、

「誰か代わってしゃぶられたくないか?」と

周りに声をかけた。

初老の男が自分でチンコを出しながら

「僕にしてくれ」と横に立ったが既に勃起していた。

僕が躊躇していると、

元セフレが「しゃぶれ」と僕の頭を初老の男へ押した。

僕は観念して少し小ぶりのチンコをしゃぶった。

そこでマスターに

「あんた達やり過ぎよ、それ以上やるんなら他でやってちょうだい」と注意され、

僕はこれで終わったと安堵したが、

そうはならなかった。

一人の男が「僕の家へ行こう僕にもしてくれ、

ケツも使わせてくれや」と提案してきたのだ。

元セフレと恋人は少し考えてから、

「ええけどゴムは使ってや」と

僕に聞かずに承諾してしまった。

提案した男は

「来たい人は来てええよ、○○さんの奴隷を玩具にして愉しもうや」と他の人を誘い、

僕を店から連れ出した。

元セフレ達も来てくれると思っていたが、

「俺らは、何発もそいつにぶち込んだから、もう何も出えへん、いっぱいぶち込んだって、但しゴムしてや」と店に残ってしまった。

br1

僕はその男と初老の男に挟まれるようにして歩いた振り返ると他に三人の男がいた。

一人は同年代、提案してきた男も同じく同年代、

後二人は若かった。

移動中に若い二人に

「あんたらカップルやったんと違うんか?」と

誰かが聞くと若い二人は発展場で知り合った連れやけど、

二人ともタチで、

僕を犯したいと言って笑っていた。

提案した男の家は店から歩いて行けた、

大きなマンションだったが入るとワンルームだった。

ベッドは無く部屋に布団を二つ敷いた後、

僕に全裸になれと誰かが命じてきた。

皆も全裸になると僕を座らせ、

囲むようにして立って並び、

しゃぶるように命じてきた。

僕がゴムを付けて欲しいと言うと、

ゴムの箱とオイルを出してきたが、

箱の中にはゴムが二つしかなかった。

きっと確信犯なんだろう

「二つじゃ不公平やから、無くてもええやん」と

開き直り逃げようとする僕を5人で襲ってきた。

両手を二人がかりで押さえられ、

頭を別の男が押さえ込み、

跪かせると初老の男のチンコをしゃぶらされそうになった。

さっきは成り行き上しゃぶったが、

今しゃぶると最後までしゃぶらされて、

飲まされそうだったので抵抗してしゃぶらなかった。

イライラしてきたのか、

部屋の持主が

「はめて中だししたら観念するんちゃうか」と言うと、

四人がかりで仰向けに寝かされ、

足を開いたポーズで押さえ込まれ、

口にはタオルを突っ込まれ、

大声を出せないようにされた。

冷たい感触がアナルにありすぐに犯された。

元セフレ達に何時間も弄ばれたアナルは、

すんなり受け入れたばかりか、

いきなり感じ始めた。

「もう感じちゃってるよ、

やっぱり淫乱やな」若い男に言われ皆に笑われた。

僕を押さえ込んでいた四人は、

抵抗する力がなくなった手足を離すと、

代わりに乳首を全身を愛撫してきた、

若い男の一人は僕の口からタオルを取ると、

自分のチンコを突っ込んできた。

僕は抵抗せずしゃぶった。

最初に犯してきた部屋の持主が急に腰の動きを早め、

叫ぶように僕の中でも果てた。

すぐに別の男が入れ替わり犯してくる。

最初の男より小さいのだろう、

圧迫感が少ない。

しかし僕のアナルに合っているのか突くたびに強烈な快感に襲われる。

あまりの快感に息が苦しくなり、

くわえていたチンコを吐き出したが許してもらえない。

無理やり突っ込まれて喉奥を突かれる。

快感地獄とも言えば良いのか、

苦しいのに気が狂うほど感じる。

気が狂うほど感じるのに苦しくて、

気が遠くなって気を失いかけた時、

激しくアナル突かれ、

犯している男と同時に果て、

その強烈な快感で気を失わずに済んだ。

しかし息が苦しい、

くわえているチンコを再び吐き出そうとしたら逆に頭を両手で抱え込まれ腰を振って喉奥を突かれた。

ひときは強く突かれた瞬間に喉奥に射精された。

苦しさから逃れる為に、

慌ててその汁を飲み干し、

ゼィゼィ息をした。

次は誰に犯されるのか、

誰に汁を飲まされるのか、

もうどうでも良くなっていた。

5人の相手は初めてだったが、

5人もいたら常に誰かに犯される、

快感に狂ったのも一回りするぐらいまでで、

2回目の男に犯されている時に、

いつまで続くのか恐怖になってきて、

辛く本当に辛く苦しい時間が過ぎた。

その内に体に力が入らなくなり、

もう為すがままになってしまった。

そうなったら苦しくなくなった。

息が苦しい事はあったが、

何もかんじなかった。

若い二人は特に元気で、

人形のようになった僕を、

それから朝までむさぶり喰った。

僕が犯されながら眠り始めたので、

最後の一人が最後の種付けをして、

やっと全てが終わった。

目が覚めた時には、

部屋の持主だけがいて、

すまなかったと謝ってくれた。

布団がザーメンとオイルで濡れて冷たかったので風呂に湯を張ってもらって温まった。

トイレではアナルからおしっこが出るみたいにザーメンが出てきた。

口の中は何度歯ブラシしても、

何日もザーメンの臭いが残っているみたいだった。

そんな体で翌日に恋人に抱かれたがばれなかったのが幸いだ。