輪姦されてる先輩をひたすら視姦する簡単な仕事です・・・

 

br1

 

たまに先輩に頼まれ輪姦される先輩を視姦してる。

普段は先輩もプライドが高く簡単にやらせたりしないんだけど、

ここに来た時は堕ちるところまでとことん堕ちることを楽しむ。

セーフな乱パならそこそこイケてる奴が集まったりするんだけど、

先輩が参加するこの乱パはナマ専門のド淫乱。

休日の夕方まだ早い時間だというのに、

会場には既に沢山の奴らが集まっている。

部屋に足を踏み入れるとまだ始まっていないのにモワっとした熱気がこもっている。

先輩は疼くアナルを抑えながらなんともない顔つきで服を脱ぎ去っていく。

野郎どもの視線が先輩のエロガタイに集まる。

後輩の俺がいうのもアレだけど、

顔も体もそこそこモテ筋な先輩だからその気になれば相手には困らないんだけど、

普段抑圧しているものを、

全てここで脱ぎ去る。

シャワー浴びたついでに久々にケツマンにキメる。

部屋に戻ると開始の合図が。

部屋の明かりが消されていく。

気づくといろんな奴らがジリジリと間合いをつめてくる。

期待にまだきいていないはずのアナルが熱くなる。

まずは先輩に負けず劣らずスカしたイケメンが先輩の乳首に手を伸ばしてくる。

先輩の3連リングかましたマラは既にギンギンになっている。

イケメンは先輩の乳首を強く捻ったままおもむろにキスをしてくる。

それもかなりいやらしいディープなやつだ。

イケメンにも先輩にも四方八方から手が伸びてくる。

先輩は夢中で跪いて奴のデカマラをしゃぶりまくる。

顔に似合わずかなりぶっとく長いマラでしゃぶりがいがある。

イケメンは先輩にしゃぶらせながら先輩の肥大した乳首を執拗にせめてくる。

ケツもキマってきて体中性感帯になるはず。

彼は先輩をベッドに横たわらせ乳首を舐め始め、

次第に下に下がり先輩の両足を持ち上げて使い込んだ先輩のケツアナルをベチャベチャわざと大きな音をたてて舐めまくる。

ギャラリーたちも興奮して先輩の口にマラを突っ込んできたり乳首いじったりちょっかい出してくる。

先輩は別の奴のマラをフゴフゴくわえながら、

「早くデカマラぶちこんでくださいっ」

もうプライドも何もかも投げ捨てて懇願する。

奴はにっこりあどけなく笑ってケツとマラにローションをたっぷりつけたかと思うと一気に奥まで挿入してきた。

先輩のケツはもう性器になっていてマジ挿入された快感で大声をあげてしまう。

無理やり突っ込まれていた別の奴のマラを口からはずして奴のキスをせがむ。

乱パなのに愛情たっぷりなエッチに先輩は興奮し、

自分から腰をふりまくる。

正常位から騎乗位にうつり、

バックから掘られた後、

奴もだんだん限界に近づいてきたのか、

「そろそろイっていいか?」と囁いてくる。

「ウン。いってください」

「どこに欲しいんだ?」

「ケツ・・・」

小さい声でささやくと

「あン?聞こえねーよ。でかい声でちゃんとお願いしな」

と焦らされる。

「アナルの中に熱いザーメン垂れ流してください」

思わず叫ぶ。

するとギャラリーたちも興奮し、

「おい種ツケだぞ。こんな顔しておきながら自分から種欲しがってやがんの。」

「ド淫乱野郎だな」口々に蔑まれる。

奴は先輩を立ち上がらせタチマンでガンガンに腰をうちつけ「オラいくぞ。俺のガキ孕めよ」

といいながらアナルの壁にすげー勢いで種ツケしてくれた。

奴はしばらく気持ちよさそうにユルユルと腰を動かしていたけど最後本当にあどけない可愛い顔で照れくさそうに微笑んで

「すげー満足だった。ありがと」と軽くキスをしてきた。

彼はシャワーに消えたが、

先輩のことはギャラリーが放っておいてくれない。

すかさず次のチンポが先輩のケツの中に挿入され

種マンに種をどんどん追加されていく。

先輩は拒否することなく10人以上の奴らほとんどに今日も種ツケされてしまった。

また明日からしばらくは身持ち堅いスカした野郎を演じるけど、

次のナマ乱パには必ずやってきて、

ド淫乱な種ツボに堕ちるんだろう。

88x31_2