犯されてボロボロになった俺を相方が・・・

 

br1

 

飲み会中に倒れ後輩に付き添われて自宅に戻り寝込んだ処を後輩と奴のダチ二人に散々弄ばれヤリ捨てられ放心してた時、

様子を見に来た相方がやって来た。

奴等の汁まみれで放心してる僕を見て何があったかを聞いてきた。

話ながら相方が全身を丹念に洗ってくれた。

身体を拭きベットに戻った時は、

ヤリたくたアナルが疼きだしてきた。

『大丈夫か?』って問いに肯きながら

相方のデカマラにしゃぶりつき、

乳首を責められながら一心不乱にしゃぶり時折喉奥までくわえ込んでヌルヌルになったデカマラに騎乗位で跨っていった。

トロけて絡みつくアナルを下から激しく突き上げられガマン汁が溢れてきた。

相方が起き上がり座位になりしがみつきながら腰をグラインドさせた。

二人の腹に挟まれ腰を振る度に擦れ気持ちよさが倍増し更にキメアナルが絡みだしたらしく、

正上位に体位を変えて相方がガン掘り体制になった。

デカマラを引かれる度に腹の中が引き出されるかと思う位の気持ちがいい。

自分で乳首を抓りながらチンコを擦りだした♂

相方がいきなり亀頭を鷲掴みにして責めてきた。

ヌルヌルの亀頭をこねくり回されながらしごきあげ相方の手の中にキメ種をぶっ放した。

手に付いた種を舐めながら激しく腰を打ち付けデカマラが更にデカくなりアナル奥に種をぶっ放した。

種を擦りつけるように暫くデカマラをゆっくり動かしながらお互いきつく抱きしめ合った。

引き抜かれたデカマラを舐めて綺麗にして腕枕で寝る事に…

暫くして生暖かい快感に目を覚ますと相方が朝立ちしてる僕のチンコをしゃぶってくれてた。

起きた僕に気づくとしゃぶりながらアナルに指を入れてかき回し始めた。

アナルが熱くなりだし又、

デカマラがほしくなり相方に

『デカマラをぶち込んで』とおねだりをして

『何処に』とか『どんな風に』とか

ジラしながら一気に根本まで突っ込み、

そのままガン掘りしてきた。

Rを爆吸いしながら相方にしがみつき腰を振りながらデカマラを奥に奥にとくわえ込んでいった。

相方の動きが激しさを増しデカマラが膨らみ二発目をぶっ放した時僕もトコロテンで腹や胸をドロドロにした。

相方がデカマラをぶっ挿したまま胸の種を舐めとってくれ

腹の種を手で集め僕に舐めさせキスをしてきた。

お互いの唾液とカクテルした僕の種を交換するみたいに

何度かやり取りをして相方が飲み込んでくれた。

僕の味のする相方の口周りや舌を強く吸ったり舐めたり絡めたりと長い時間キスをしていた。

いつもならそろそろ萎えて僕の腹圧で押し出されるはずなのに…

相方がニャつきながら

『寝てる間にバイアグラ飲んでん』だって。

『一応病人なんやけど』と拗ねてみた。

『じゃあ!抜いてしまおうっか。』って

腰を引きかけるから慌てて脚を絡めてしがみついた。

相方が笑いながら乳首を舐めたり噛んだりしながらアナルを掘り始めてきた。

上に乗りたいと伝え騎乗位になり相方にきつめに乳首を責めてもらうとアナルがトロけだし

デカマラに絡みはじめるんが分かった。

相方二発僕?発出した後やから射精感はあるのにいかない状態で

騎乗位と座位で二時間位相方とつながったままお互いを責め合った。

88x31_2