騙されて輪姦されてけど・・・クセになりそう

 

br1

 

「たまには縛って良い?軽くだから!?」

と巨根チンコを夢中でしゃぶる僕に彼は言った。

まぁ何何回か縛られてるし、

信頼してるセフレだから軽い気持ちでOKした。

彼はベッドの手すりに僕の両手を固定して

足を持ち上げ股を拡げた形になるように両足もベッドに縛った。

彼はニヤニヤしながらケツにローションをぬり媚薬カプセル(通販サイトで買ったから真偽不明)を入れると

僕の乳首を責めながらチンコをしゃぶりだした。

だんだん薬が聞いてきて気持ち良くなってきて

僕も自然に声が出る。

ケツにもローションをたっぷり塗られて指でほぐして来た。

「おい、いいよー」

って彼は突然言うと隣の部屋から全裸の男が二人入って来た。

一人は短髪のガチムチ、もう一人は日焼けしたの水泳体型。

僕がビックリして声も出ない中、3人で乳首、チンコ、ケツを責め出した。

「おいコイツのマンコトロトロだぜ!」と

短髪の太マラが言うとギンギンの太マラの先で穴を刺激する。

ゴメとローションで緩んだ僕の穴は太マラの先を軽く受け入れた。

セ-フでしかした事ない僕は

「お願いゴムして!」と嘆願したけど

構わず太マラをズブズブ埋め込んでいく。

気持ち良い!!でも生は嫌だ。

「お願いゴムして!!」

構わずガシガシ掘られてキマってるのと

他の彼がモロ感の乳首を責めてるんで、意識が遠くなってきて快感で頭が真っ白になって来た。

すると「めちゃ気持ち良い~イキそ~」と言ったんで、

ハッと我にかえり

「お願い外に出して!」と必死で叫ぶ。

「すげ~チンコが溶ける~やべ~いく~いく~」

縛られて動けない僕は

「だめ~嫌~おねがいします」と必死に泣き叫ぶ。

そんな僕を無視して腰の動きはさらに早さを増す。

「あかん…いくっ!!」と言うと

太マラをビクビクさせながら僕のケツの奥に容赦なく種を注いだ。

何だこのケツの奥に熱く感じるこの感触!!

水泳体型の彼は太くはないが20cmはあると思われる長いマラ。

ハメ撮りしながら長いマラを種マンに根元まで入れては抜き取る。

僕は放心状態になりながらもケツの快感には勝てずに感じまくってしまった。

それからは代わる代わる3人に廻され3人とも、

当たり前のように身動きとれない僕のケツに種付けしやがった。

初めての中出し…

イッた瞬間にケツの奥に感じる熱い精子の感覚。

これは・・・癖になっちまう。

88x31_2