知り合ったばかりの若い男達に輪姦された。

 

88x31_2

 

若い頃から女装癖があり、

アナニーなどで満足していたのですが、

50歳を過ぎて本物のパニスを経験してみたいという思いが強くなり、

勇気を出してハッテンばとウワサのポルノ映画館へ女装していきました。

メイクはしたことがなかったのでウイッグとマスクで、

普段はスカーチョかロングスカートなのですが、

その日は思い切ってミニのフリル付きスカートにしました。

前戯なしでも出来るようにアナルには事前にエイナスNo.4を挿入しておきました。

怖いという気持ちもあり、

後ろの方の席に座っていたのですが、

何人かの方が気がついたようで、

両サイドに30代くらいのたぶん仲間同士と思われる5人くらいの方が興味を示してくれたようで、

代わる代わるスカートの中に手を入れてきてくださいました。

私も興奮して理性が壊れてきたので、

その中の1人に「トイレでしていただけますか?」と声を掛けると、

黙ってうなずいてトイレへ、


するとお仲間の人達もついてきて輪姦される雰囲気に。

トイレの壁に手をついてお尻を突き出すとパンティにはエイナスの形がはっきりとついていたようで、

「用意がいいな」と言うといきなりパンティを下げエイナスを引き抜くと硬くなったペニスをアナルに押し当てて、

一気に挿入してきました、

そして体の向きを変えられて、

ほかの人のペニスを咥えさせられ、

更に両手で別の人のペニスをしごかされました。

この時頭は真っ白でしたが、

なんとなく輪姦されることにドキドキしていました。

元々アナニーしていた上に事前に拡張していたこともあり、

痛みはなく、

肉体的快感よりは、

こんなオカマに欲情して犯していただけることにかなりの高揚感を感じていたと思います。

興奮していたので、

何回種付されたかは憶えていないのですが上下の口にそれぞれ複数回のザーメンを注ぎ込んでいただき、

トイレの床に倒れ込んだ私を置き去りにしてその人達はいなくなってしまいました。

しばらくして動けるようにになって帰ろうとしたら後からトイレに来た方に見つかり犯されてしまいました。

でもこんな状態でも犯していただけて嬉しかったです。

ただ病気が怖かったので、

AIDSの検査をしたのですが、

陰性でほっとしています。

次はセーフでしないといけないなと思っていますが、

近いうちにまた行きたいと思っています。

 

続きの体験談

 

br1