タチなのに年下の後輩に騙されトコロテンさせられた。

 

br1

 

いつもの様に後輩のアナルを掘り倒していた。

いつもは2~3時間で根を上げるのに今日に限って朝まで!

と言ってきた。

俺も一応マムシドリンクを飲んだから大丈夫。

後輩が途中で根を上げても構わずヤリ倒すと決め、

後輩も気合入れて自分でアナルを広げ始めた。

ちなみに、

俺は指一本に限ってだけど、

前立腺マッサージが好きでコイツにもたまにやらせていた。

それが仇となってしまった。

3時間くらいたったころかな?ちょっと疲れたのもあって、

休憩代わりにマッサージを頼んだ。

いつやらせてもすげーウマい。

さすがポイントを知り尽くしているだけのことはある。

要所要所で俺の感じるところをついてくる。

そのたびに俺のペニスがひくつきながらガマン汁を垂らしていく。

そろそろ俺も掘りたくなってきたが、

いつもと違う。

なんかフワフワすた感じで、

しかもアナルが変だ。

後輩は構わず俺に跨り、腰を落としてきた。

すげー気持ち良い。

今までこんなに感じたことないくらいだった。

すると、後輩が俺のアナルをいじり始めた。

しかしいつもより圧迫感があり、

奥の方を突かれてるような気がする。

何してるんだよって聞くと、

先輩アナルいじるとペニスがピクピクしながら、

しかもたまに太くなるんだよ。

普段でも十分太いのにもっと太くなるんだよ。

ってタメ口で喋りだした。

でもタメ口が気にならないくらい変な感じ。

指じゃないだろ?なに入れてんだよ。

と聞くと、


これっ!ってかなりデカいバイブを見せた。

俺のアナルに?それが?大丈夫だよ!さっき解しておいたから。

気持ち良いっしょ!だってさ。

いつの間にか立場が変わってる。

しかも、さっきまでコンドームしてたのに、

今は生で、でも気持ち良さに負けてしまった。

後輩はまたバイブを俺のアナルに入れると、

微妙な角度をつけて動かしてくる。

それにあわせて俺の腰が自然と動く。

そのたびに、

すごい!の連呼。

でも後輩がバイブを動かさなくなってきて、

いつしか自分から動かすようになってきた。

しかも、

気付くとバイブ中心に腰を振ってるから、

いつもと違うポイントに当たるらしく、

いつもは半起ち状態なのに、

ガチガチのペニスからはダラダラと汁が流れ出していた。

後輩は俺に跨り、腰を落としてきた。

今まで感じたことのない気持ち良さに身を任せていたが、

後輩は自分で腰を振りながら、

俺のアナルをいじり始めた。

しかし、何かが違う。問いただすと、これだよっ!ってかなりデカいバイブを見せた。

先輩アナルいじるとペニスが普段よりも膨張して反るから、

一回試してみたかったんだ。

と言いながら、またバイブを突っ込んできた。

何故か俺は自分で腰を動かし始め、

しかもバイブを中心にしていた。

後輩はそれが気持ち良いらしく、

ダメと連呼しながら、トコロテンした。

俺も腰を動かし続けて、後輩のアナルが良かったのか、

バイブが良かったのかわからないが後輩の中で逝ってしまった。

グッタリしている俺を後輩は俺の脚を広げてアナルを舐め始めた。

俺はいつもと違う快感に身を任せて、

後輩がやりたい様にやらせることにした。

しばらく舐めていたが、突然、バイブを突っ込んで、

スイッチを入れた。

バイブが振動して、同時にうねりはじめ、俺の腰は自然と動いていた。

そのバイブを抜くと、

後輩は自分のペニスを突っ込んで腰を振り始めた。

初めて犯されているのに、気持ち良さに負けてしまった。

後輩は俺の中で果て、俺はその日、

初めて生でやり、種付けをして、

種付けをされてしまった。

これが下克上か・・悪くない。