上京するたびに犯されちゃう田舎物・・・

 

br1

 

地方に住む田舎者の僕は東京に着たら必ず掲示板で募集を書けることにしている。

この前はでルックスも良くて体系もモロタイプなお兄さんとやる約束をした。

宿泊先のホテルでケツを洗いお兄さんを待つ。

待っている間は超ドキドキしてた(笑)

まあ僕の部屋は一番奥の部屋だったから多少声出大丈夫

するとドアをノックする音。

開けると言葉もなくソファに座ったお兄さんは僕にカプセルを手渡した。

僕はすぐにそれをケツの奥に挿入。

大体20分くらいで効いてくるとのことだったので、

ソファに座ったお兄さんの前に跪いて、

カーゴパンツの上からチンポを触る。

すでにギンギン。

ピチピチのボクサーパンツの上から舌を這わせる。

「おー」とお兄さんが声を出す。

「しゃぶりてぇか?」

「はい、チンポしゃぶりたいっす」

目の前には三連のリングで痛いくらいに勃起した血管ボコボコのデカマラ!!

「すげぇ」

思わずしゃぶりつきたくなるようなチンポだ。

19cmは軽くある。

僕は夢中になってお兄さんのデカマラをしゃぶった。

お兄さんは奥歯をギリギリならして

「チンポ美味ぇか?」

「チンポ好きか?」と聞いた。

だんだん効いてきた僕は頷くのが精一杯。

お兄さんの僕のボクサーを剥ぎ取り、

唾液でベトベトになった僕にキスをした。

それだけで感じでしまうくらいねっとりしたキスに僕は膝がガクガクしていた。

「そろそろいくかな」と

お兄さんは僕をベットに倒し、

足を持ち上げた。

正常位の体勢で、お兄さんが自分のデカマラにオイルを塗る。

「チンポ、欲しいか?」

カリの部分で穴の周りを刺激する。

乳首も痛いくらいに噛んでくる。でも気持ちいい。

「デカマラ欲しいっす!チンポ欲しいっす!」

やっと声をだしてお兄さんにお願いする。

お兄さんはまた奥歯をギリギリ鳴らして

「よし、入れるぞ」と当然のように生で挿入してきた。

慣らしてないケツに血管ボコボコのデカマラがゆっくり入ってくる。

「あー、熱い」お兄さんが声を漏らす。

中はすでにトロトロのようだ。

下腹部に圧迫感を感じる。

すげぇ、まだ入るのかよ。

お兄さんがキスをした時にようやく全部が入った。

お兄さんは僕の脚を抱えてゆっくりと腰を前後させる。

チンポが抜けそうになるとこから一気に根元まで入れてくる。

たまんねぇ、こりゃ長い。

何時間でも掘られてたいと心から思った。

何度か繰り返した後、さらに脚を開かせ、

体重をかけて僕のケツめがけて力強く打ち込んできた。

パンパンとお兄さんの玉がケツに当たる。

お兄さんはすぐに僕の泣き所を見つけたらしくカリでえぐるように突いてくる。

腹の中に硬い棒が入って暴れてる、

今まで感じたことのない快感に僕はもうワケ分からなくなってた。

「あ?気持ちいいか?ここ突かれるとどうだ?」

お兄さんは僕の顔を睨みながらデカマラで直腸を擦り上げる。

僕は半泣きの状態で

「気持ちいい」と答えるのでやっと。

クダクダになってる僕をうつぶせにしたお兄さんは後ろから入れてきた。

お兄さんのデカマラとドラで僕の穴は開きっぱなしだった。

しかし正常位とは違い、

さらに奥まで入ってるのが分かる。

「あー、マジ気持ちいい」

僕を背中から抱きお兄さんが腰を振る。

ものすごい速さでお兄さんの体重がデカマラに集中する。

「グチュグチュ」と

ケツが明らかにおかしくなってる音がする。

耳元でお兄さんの息遣いを感じながら

「気持ちいいー」を連発すると、

四つんばいされ、さっきよりもさらに速度を上げて掘り上げられる。

「あー!マジで気持ちいい!そろそろ一発目イクぞ!」と

僕のケツを鷲づかみにするお兄さん。

「どこに出して欲しい?」「ケツに…」

「種付けていいのか?」

「お兄さんの種欲しいっす!」

僕はマジでお兄さんのガキ孕んでもいいと思った。

「よし、んじゃ、種付けるからな!」

お兄さんの手に力が入って、

ケツが壊れるんじゃないかって位打ち込まれる。

僕の穴はもう精子が欲しくて仕方ないくらいに疼いていた。

「あー!イク!あー!イク!!イクぞ!!」

デカマラを一番奥まで入れたところでお兄さんが精子を発射された。

「ビシ!」と当たった後、

へその下あたりに「ジワっ」っと温かいモノを感じた。

お兄さんの硬いデカマラがビクンビクンと脈打つのを穴で感じた。

お兄さんは種汁を直腸に擦りつけるように何度か腰を前後させた。

デカマラを抜いた穴からお兄さんの種汁が垂れた。

僕は漏らさないように締めようとするが穴はもう言うことをきかず、

だらしなく垂らしていた。

休憩の後、

タフなお兄さんはまたデカマラをギンギンにして僕の穴にあてがう。

さっきの種汁のおかげでオイルはいらない。

初めての経験に僕は興奮した。

僕はもうどの体位で突かれても、

気持ち良過ぎてチンポからダラダラと漏らしていた。

鏡の前に連れて行かれ立ちバックの状態で

「ホラ、見てみろよ。ケツ掘られてる自分見てみろよ」

そこには、

お兄さんに胸筋を揉まれながらよだれを垂らしてデカマラをケツで受けている僕がいた。

また穴がグチョグチョと卑猥な音を出し始めた。

「淫乱なヤツだな」

チンポからダラダラと漏らす僕を鏡越しに見ながらお兄さんが囁く。

奥歯をギリギリ鳴らしながら。

再度ベッドでお兄さんのガン堀りを受ける。

両足を持ってお兄さんが前立腺を刺激する。

何十分掘られたか分からないけど、

穴が擦れる感じがしてきた頃、

舌を絡めながら

「あー、僕イキそうだよ」とお兄さん。

「また種付けて欲しいか?」

「欲しいっす」「よし、イクぞ」がっちりと体を抑えられた体勢で、

お兄さんが体重をかける。

僕の胸にお兄さんの汗が垂れてくる。

僕の穴一点にデカマラを打ち込むお兄さん。

「あー!イク!イク!」一発目の激しさとは違い、

お兄さんが僕の目を見ながら発射した。

また熱い種汁を感じる。

やべぇ、気持ち良過ぎる。

しばらくそのままの状態でお兄さんとキスを楽しんだ。

朝方にまた種付してれ、お兄さんは帰った。

やっぱ生は気持ちい。

中に出される感じもたまらない。

しかもイケメンなら尚更だね。

88x31_2