ウリ専漁師の島⑤

 

br1

 

《④の続き》

漁師兄貴が我が家に泊まった翌朝、

俺は朝勃ちの快感を感じながら目覚めた。

兄貴ん家に泊まった朝と同じように、

兄貴のフェラで気持ち良く目覚めた(笑)

声を掛けると、

途中で止まりそうだったので、

射精まで黙って目を閉じていた(汗)

フィニッシュすると、白濁液を舐めとり、

ウェットティッシュで拭いてくれた。

その後も目を閉じていたら、

兄貴は俺にキスをして来て、

俺の口に俺の出したモノを流し込んで来た。

俺はそれを飲み込んでしまった。

他人の白濁液は時々飲むが、

自分のモノは初めてだった(笑)

兄貴は「タヌキ、起きろ!」と言い、

たぬき寝入りがバレていた(笑)

朝食にトースト、コーヒー、

ハムエッグにキャベツを用意した。

兄貴は食べながら、

Y(俺)さんは、

やっぱりシティーボーイ(死語?)なんだ。

テレビで見る都会のリーマンに憧れるんだ、と言った。

俺は逆に、

日焼けした野性的な漁師を見るだけで股間が疼くよ、

と言い返した。

お互いに無い物ねだりのカップルである。

食後、亜鉛のサプリを兄貴にも勧めて2人で飲んだ(笑)

実は、俺は3日前からオナ禁とサプリを続けていた(汗)

昨夜のDVDを思い出しながら、

今日のエッチの準備をした。

六尺布、ロープ、電マ、カテーテル、尿道プラグ。

ウェットスーツはネオプレーンの物だが、

俺と兄貴はチ○ポの大きさは違うが、

ほぼ同じ背格好なので、

押入れから引っ張り出した。

ガスマスクはないが、

黒いフルフェースのシュノーケルマスクがあることを思い出して準備した。

DVDには無かったが、

顔隠し用スイムゴーグル、

SM用低温ローソクも出した(笑)

兄貴は六尺褌は自分で絞められるので、

布を渡し絞めてもらった。

もうこの時から、

兄貴は反応していた(笑)

黒いスイムゴーグルも渡し、

ゴーグルマンになってもらった。

理由はSM途中に画像撮影するつもりだったから(笑)

ロープは赤いSM用20mで、

立ったまま亀甲縛りをして、

ベッドに寝かせてから足を縛った。

兄貴はもうこの状態で、

股間はギンギン(笑)

まず、俺の指で乳首、足の裏、

竿をくすぐるように苛める。

身動きできない状態での初体験である。

竿を刺激したら、

ヒクつかせ褌に先走りで染みを作った。

次は電マ攻撃。

Sらしい言葉攻めを交え、

苛めて行った。

次はローソク攻め。

兄貴はSM用低温ローソクであることを知らない。

火を点け見せ付ける。

兄貴は「ソフトSMで痛いこと無しの約束だろ!」と言ったが、

容赦なくロウを腹に垂らす。

最初悲鳴を上げたが、

熱いお風呂程度と知り、

少し熱いが「アチッ!アチッ!」と、

SM遊びに合わせて楽しんでいた(笑)

亀甲縛りされ、

ローソクを垂らされた画像を撮ってやった(笑)

ローソクの火を消したところで、

兄貴がションベンがしたいと言った。

でも、SM中だからと強く拒否。

オネショするかというと、

竿を出して飲んでくれと言ったが、

それも拒否(笑)

六尺からチ○ポを取り出し、

尿道に医療用ゼリーを針なし注射器で1㏄注入。

カテーテルを滅菌包装から取り出し、

尿道に挿そうとしたら、また強く拒否。

ションベンがしたいなら辛抱しろと、

尿道に挿して行く。

兄貴は痛みがないことを知ると、

おとなしく挿入されていた。

膀胱直前でカテーテルが止まる。

それを強く通過する時少し痛むが、

膀胱に力を入れなくてもションベンが流れ出す。

外の口をペットボトルに入れ、

ションベンを採取(笑)

成人男性は約400㏄膀胱に溜まるので、

500㏄ペットボトルに8割程度溜まったところで終わり。

ペットボトルの蓋を閉め、

兄貴の口に割箸を2本噛ませた。

針なし注射器に10㏄ほどションベンを吸い上げ、

兄貴の口に、

「今朝、俺に俺の精子を飲ませた仕返しだ!」と、

Sっぽく強めに言って注入してやった。

これがこの日最高のSMプレーだったかも(爆)

そして、尿道にカテーテルを挿したまま、

チ○ポの粘膜でない部分にローソクを垂らして、

画像を撮影。

スイムゴーグルを額に上げ、

顔出しで画像を撮影した。

カテーテルを抜き、

竿にローションを塗り、

扱いて発射させて、

午前中のエッチを終了した。

⑥に続く

88x31_2