久しぶりのビデボは、やっぱりエロかったよ!

 

br1

 

最近の猛暑で営業で外回り中は汗だく、

夕方にヘロヘロなって外回りを終えると、

汗臭いから会社には帰社せずに近くにあったビデボに逃げ込みました。

実は昔はよく来てたビデボで、

そっち系の人もよく使うところです。

何度かエッチしちゃったこともありましたが、

ここ数年間は来ていませんでした。

取り敢えず身体をシャワーで流しましたが、

再び汗に濡れたシャツを着るのが嫌で、

シャワー室と自分の個室が近かったこともあり、

腰にタオルだけ巻いて人のいないタイミングで自室に戻りました。

そして全裸でDVDを見てたんですがムラムラして自分でアナルをイジりたくなり、

再びシャワー室へ行って中を綺麗にしました。

元々Mっ気が強いので、

四つん這いになってアナルに指を入れて遊んでると段々と昔の気持ちを取り戻していきました。

一旦オナニーをやめて出会い掲示板を開くと、

数件の書き込みを見つけました。

その中の一つに連絡してみると、

すぐに「どうしてほしい?」という返信をもらいました。

「変態のM男なので色々いじめてください」と

部屋番号を添えて返すと、

すぐにノックする音がして、

僕よりやや年上の男性が僕の個室に入ってきました。

全裸で恥ずかしかったので扉に背を向けていると、

衣擦れの音がして奴も全裸になったようでした。

僕の背後に腰を下ろした奴は、

そっと僕の身体に指を這わせ、

前に回した手は焦らすように僕の乳首の近くを通り過ぎます。

そして僕の固く勃起した乳首を弾くと身体がビクンッと反応してしまいました。

それからは乳首を執拗に摘んだり転がしたりして弄られました。

お腹につきそうなほど固くなったチンコからは汁が滴っていましたが、

それには触れずに乳首だけを弄られます。

背中には奴の硬くなったチンコが当たっていました。

そのうち乳首を離れた片方の指が下に降りてきて、

お尻を撫で上げたあと割れ目に添うようにアナルに触れてきました。

先ほどまでオナニーしてたせいで、

まだベドベトのアナルにゆっくりと指を入れられました。

そしてお尻を持ち上げて四つん這いの姿勢にさせられると、

今度はアナルを執拗に弄られました。

自分の両手でお尻を拡げ、

もっともっとと言わんばかりにお尻をくねらせました。

もう興奮で頭は真っ白です。

奴が床に寝て69の体制で奴に跨り、

僕は奴のチンコを咥えこみ、

奴は下からアナルを舐めたり指を入れたりしてきました。

それでもまだチンコには触ってくれません。

奴が身体を起こすと再び四つん這いにさせられ、

奴がゴムを着けるとゆっくりと入れてきました。

乳首を両手で弄られながらリズミカルに腰を打ち付けられあまりの快感に数滴、

精液までお漏らししてしまいました。

腰の動きが早くなり、

僕の乳首を強く抓りながら奴は僕の中で果てました。

ゆっくりと引き抜き、

ゴムを外すと精液に汚れたチンコを口元に近づけてきたので丁寧に舐めとりました。

そして床に寝るように言われ、

言われた通りにすると、

ゴムの中の精液を僕のチンコにかけられて、

それをローションがわりに手コキされました。

片方の手はアナルを責め片手で扱かれて、

僕は瞬く間に絶頂へ。

いく寸前にアナルから指を引き抜かれて、

吹き出た精液は僕の顔まで飛んできました。

ヘトヘトになって顔や身体に精液がかかったままの姿を見ながら奴は服を着て部屋を出て行きました。

また通いつめちゃいそうです。

gayjapan