ビデオBOXで鍵を掛け忘れて 2

 

br1

 

20分位した頃に二人が部屋に入ってきました。

早々にフェラをさせられましたが、

陰毛の蒸れた臭いに興奮してしまいました。

もう一人がお尻を持ち上げ弄ってきて

「もう種汁でヌルヌルだからローションいらないな」と

チンポを一気に奥まで突き入れてきました。

初めの男より細いですが長く、

一番奥にゴツゴツ当たりました。

フェラの方も相手に頭を鷲掴みされ喉奥まで激しくストロークされ、

呼吸出来なくて苦しいのにそれがまた気持ち良くなってると

「お、ケツの中うねってきたな。イクのか?」と

前立腺ゴリゴリ当ててきたのでトコロテンしてしまいました。

口とお尻両方からズボズボお構い無しにピストンされ、

まるで串刺しされてるみたいで興奮しました。

自分の顔も、

涙と鼻水と粘ついた涎でドロドロになってました。

そして「喉マン気持ちイイ〜1発出すからしっかり飲めよ」と

喉奥でドクドク注ぎ込まれました。

しばらく粘膜に染み込ませる様にゆっくりストロークし、

ザーメンと粘ついた唾液で糸引きながら長チンを引き抜き顔に擦り付けて来たので、

しっかりお掃除しました。

汗まみれだったのか股間全体から蒸れた匂いで興奮し、

自分から顔を押し付けて会陰や肛門まで口で愛撫しました。

お尻を掘ってた男が

「すげえビッチだな(笑)こっちもイクからな」と

後ろから頭を股間に押し付けながらお腹の一番奥で発射されました。

その後男達のをフェラしながら持ってきたオモチャで更にグチャグチャ掻き回されたり、

細目の2〜3本まとめて突っ込まれて拡張されたりしてると、

最初の男が正常位で挿れてきました。

太マラが突き刺さってるところに他の男がスティックを入れてきて、

出し入れしながらどんどん太いところまで入ってきました。

「もう大丈夫じゃない?」と言ったら

身を起こされ男の上に乗る体勢になり、

スティックを抜かれて長マラを入れようとしてきました。

「ムリムリムリやめて入れないで!」と


拒否しようとしましたが

「いいから力抜けよ。」と

更に強く押し付けられました。

メリメリ肛門が限界まで拡げられだと思ったら、

それまで強く押し付けられた反動でズンッと一気に奥まで入ってしまい

「お゛お゛お゛っっ?!」と呻いてしまいました。

2本ともしばらく前後せずグニグニ動かされお腹の中で2本のチンポがぐりんぐりん動き回ってるのを感じました。

馴染んできたのを見計らってストロークを始めお腹の中をグチャグチャに掻き回してきました。

圧迫感も物凄くて何度もトコロテンや潮噴きしてたみたいで

「コイツ漏らしまくって腹温ったけえんだけど(笑)

コイツのチンポと俺の腹筋がぬるぬる擦れる(笑)」と言って3人で笑ってました。

もう一人の長マラも喉を犯し始めて、

3人のチンポが僕の身体に挿入され、

グチャグチャに掻き回してました。

もはや僕は自分からチンポとザーメンを求めて懇願し肉便器と成り果てました。

男達はかなりの絶倫で、

朝まで何度も何度も僕の身体の中や外にまるでマーキングするかの様にザーメンを注ぎ込み、

かけられ、擦り付けられました。

男達が満足して部屋から出て行き、

僕も時間なのでシャワーを浴びに行こうとしましたが、

足腰に力が入らず壁伝いにフラフラしました。

身体を洗ってる最中お尻から注がれたザーメンが溢れてきて、

指で掬い舐めました。

散々酷使され腫れ上がり拡がりきった肛門を指で掻き回し、

またイッてしまいました。

家に帰りその日一日中ぐったり寝ていました。

気付くと男の一人からメールが来ていて開くと昨日の動画でした。

僕のカメラだけで無く彼等も撮っていたようでした。

「この動画をばら撒かれたくなければ」と書かれてましたが、

そんなの関係無しに僕の身体はもう彼等のチンポとザーメンを欲する様になっていました。

88x31_2