地方出身者が東京で新たな世界を知った・・・

 

 

仕事で月一ペースくらいで東京出張するんですけど 会社指定の宿泊施設で顔見知りになった田中さんに誘われ 面白いサウナに向かった。

中に入るとロッカーがあり裸でバスタオル一枚姿になった。 意外に大きそうな施設で、まあサウナがあるってことは銭湯も併設してるんだろうと軽く考えていました。

サウナで汗を流しさっぱりしたところで田中さんに誘われ 上階へ行くとそこは部屋が並んでいてオトコ同士が裸で絡み合っていた。

かなりの衝撃で動けずにいると田中さんに腕をつかまれ空き部屋に連れ込まれ、抱きしめられキスへ。

初めての男同士のキスだったが、混乱していたため舌を入れ唾液を啜りあった。

密着したバスタオル越しにチンポがぐんぐん堅く大きくなるのが判り、 不覚にも自分のチンポも反応してるのが痛いくらい分かった。

田中さんの手が私のバスタオルに掛かり、 恥ずかしく勃起してるチンコを上下に動かされると、 チンポがビンビンになり先から我慢汁が沁み出してきた。

田中さんもバスタオルを取りパンパンに膨張したチンコを見せ付けてきた。

他人のチンコ、それもギンギンに勃起してるのなんてAV以外見たことないから ガン見してしまいました。

すると田中さんに促されてマットに横になり69の状態でお互いにチンポをしゃぶりあった。


田中さんの舌はチンポから金玉、アナルまで伸びて、その気持ちよさに僕は口の中へ射精してしまった。

自分でもビックリする量の精液が出たが、田中さんは全部飲み干してくれた。

多くのギャラリーが近寄ってきてジロジロ見られながら、後ろからチンポがアナルをこじ開け、ヌルヌルになったチンポを挿入してきた。

最初は痛かったけど根元まで入ってしまうと意外にも楽になった。

不思議な感覚でしたが田中さんがチンポで前立腺を刺激すると意識とは無関係に僕のチンポもビクンと反応してしまい卑猥な声を上げてしまった。

すると田中さんが

「どうだ新たな世界はすばらしいだろう。一度この味を覚えると忘れられないよ。これからは東京にきたら教え込んであげるからね!」って

耳元で呟いた。

そして僕は精液を体の中に注がれるのを感じながら、ギャラリーの前でまた射精してしまった。

本当に知りもしなかった新世界で、

もう元には戻れないんでしょうね。

88x31_2