アナルの処女を頂いちゃいました!

 

gayjapan

 

4歳下のSFが居ます。

小柄で色白・体毛も薄くて、

知り合った頃は大学生でしたが、

中学生?と思うくらいの子でした。

今でも学生で通用するくらいです。

数ヶ月に一度、

お互いに乳首やチンポを責め合って楽しむセックスや、

僕のケツマンに入れてもらったり、

軽いSMで責めてあげたりの感じで続いていました。

僕も相手に入れたいのですが最初の頃から、

お尻は痛くて無理!って言われて、

せいぜい指1本とか、

アナルバイブ、

浣腸で責めるくらいでした。

確かに穴が非常に小さく、

指1本でもきついくらいです。

以前に何回か挿入を試みたのですが、

太すぎる!って痛がられて(実際僕のは大きくありません)相手に入れるのはあきらめていました。

が、

先日に会ってエッチした時に、

kさんのを入れて・・と、言って来ました。

マジ?と感激と共に久々にタチになりたくなってきました!(普段はケツモロ感なのでウケが多いです)

痛くないように調整するから跨らせて。と、言うので僕が仰向けに寝て、跨ってきます。

ローションはたっぷり付けていますがきついらしく、

絶叫しながら腰を沈めてきます。

そんな姿に凄く興奮して、ビンビンです。

なんとか入っても、動かないで!じっとして!と

泣きながら悲願しつつも、

耐えてくれています。

少し経って慣れた頃に、

正常位に。

ちょっと腰を振って、

暖かいケツマンを堪能すると、

いや~!痛い!ゆっくりして!と泣くが、

自ら枕を噛んだり、

シーツやら毛布を握って我慢する。

以前なら両手で僕を押しのけたのに。

奥が痛いというので、

うつ伏せにしてバックから挿入。

多少痛みは我慢できるというので、

のしかかってゆっくり腰を振ると、

あ~!いい!と喜びの声をあげて、

キスして!と滅多にせがまないキスを要求してくる。

首を横に向けさせて、覗き込むように口を合わせて、

お互いに唾を舐めあうディープキス。

両手を握り合って。

なんだか、とても可愛いく感じて久々にタチとSっ気が出てきました。

小刻みに腰を振ると、小さな穴のケツがとても絞まります!

早漏でも無いんだけど、結構早く射精感が訪れ、いきそう・・・

いいよ!いって~!どこに出して欲しい?

お尻の中に!種付けして!!と。

思いっきり、中出ししてしまいました!

普段から射精の量は多いので、

ドクドク出ている時も、あっ!あって!出てる!と叫んでいました。

種付けされているのが実感できたのでしょう。

7年目にしてケツマン処女を頂き、しかも種付けまで出来て感激でした!

次も犯して欲しいとねだられました。