先輩に初めてを奪われた・・・

 

br1

 

僕は年上にしか魅力を感じなくなってしまった。

先輩に抱かれると甘えさせてくれるから…

しかもエロさが半端じゃないし 後輩と比べてもチンポの硬さや、

ザーメンの量もひけを取らないし

むしろ熟練されたテクにメロメロにされてる

事の発端は1年の頃近所の先輩の家に遊びに行った時。

一緒にゲームしたり遊んでくれたり優しい人だった。

汗かいたから一緒にお風呂入ったりしたりしてた。

そして『おこづかいあげるから言う事聞いてや』て言われた。

すると先輩は僕にキスをしてきた。

ビックリした。

けど先輩は思いきり抱き締め抵抗出来なかった。

そのうちキスが何か気持ちよくなってそのまま先輩にされるがままだった。

まだ小さいチンポやケツを撫で回し

『いっぱい気持ち良くしてあげるからな』と言い

僕の服を脱がせ体を触られた。

さすがに怖かった。

けど声出せないし…気持ち良くなって来て…

先輩の息が荒くなって勃起した。

チンポを僕に握らせた。

初めて見る大人の勃起した。

チンポ…頭をハンマーで殴られた。

ような感覚がした。

ただ怖くてでも興味があり先輩のチンポを触った。

先輩は僕の顔に近付け『おいしいから舐めてごらん』と

口に押しつけてきた。

…さすがに嫌だった。

けど年上の力にはかなわない…先走りが滲み出た。

カリを舐めた。

しょっぱい味がして嫌だった。

けどそのまま舌で舐め続けた。

口の中に押し込もうとした。

けど僕の口には入り切らないから先輩は僕にチンポを握らせて舐め続けさせられた。

先輩は僕の体を舐め始めた。

…小さいけど勃起した。

僕のチンポをパクリと咥え口の中で転がした。

なんかくすぐった。

いけれど気持ち良くてチビりそうな変な感じ…

69の体勢になり先輩のチンポをしゃぶらされながらケツやチンポを舐め回された。

やがて先輩がいきそうになり

『イクよ』と言うと僕のケツにザーメンをぶっかけた。

何が何だかわからない僕はた。

だ先輩のチンポから何回も飛び散るザーメンを僕のケツにぶちまける姿をぼんやり見てた。

先輩はイクと『ごめんな』と言いながらまだ勃起した。

チンポを僕のケツに押し当て出した。

ザーメンをケツマンに塗りこむように腰を振り続けた。

… それから何回かそんな事をされた。

僕はお金が貰えるから自分から先輩の家に通った。

88x31_2