未体験のセックステクに負けた・・・

 

br1

 

この前、ハッテン公園でオジサン2人に襲われ

無理やり個室トイレに押し込まれてしまった。

オッサンかよと思いながらも

2人がかりの責めは何とも気持ち良く、

老練なテクにメロメロ。

気持ちイイからいっか・・・と

気を抜いた瞬間、

一人のオジサンのペニスがそこまで許すつもりはないアナルを狙ってきた。

『バックはちょっと・・・』とお断りを入れたが、

『いいじゃねぇか』と無理やりねじ込んで

きた。

良かねぇーよと思いながらも

拒絶できる雰囲気でもなかったので、

仕方ナシにおずおずとゴムを差し出し

『ならこれを・・・』と差し出したら、

文字通り放り投げられ

『大丈夫だから』と言ってヌルリと生で挿入してきた。

何が大丈夫なんだよ~と思いながらも、

オジサンのペニスの長さ・太さ・挿入角度

3拍子揃って俺には丁度良く

“イヤだイヤだ”と思いながら感じ始めてしまった。

オジサンのペニスがアナルの中で

一段と膨らみヤバげな気配。

『そ、外に出して、く、下さい・・・』と喘ぎながら懇願、

『分かった、分かった』とオジサンの軽い返答。

再度確認しとうとしたその口は、

もう一人のオジサンのペニスで塞がれてしまった。

そのペニスも既に扱き上げられ

今にもイキそうな膨らみ具合。

口とアナルを全然タイプでない男たちに犯され

“こんなはずではなかった、

甘かった、

本気で逃げればよかった・・・”と後悔しつつ

2つのペニスはギンギンのパンパン。

アナルを犯しているオジサンの喘ぎがフィニッシュ

寸前である事を知らしめる。

口を塞ぐペニスを何とか離し、

“な、中に出すな!”と叫んだ瞬間、

頭を掴まれ口から離したペニスが

再度ねじ込まれた瞬間、

口の中に苦い味が広がる。

“うぐっ!”と思った瞬間、

今度はアナルの中のペニスが一気に膨張。

腸の奥にオジサンのザーメンが“ピュッ!”と

当るのが分かると共にじわ~っと広がる

生暖かい感触。

“こいつ、中出ししやがった、

ちくしょ~~!!”と

屈辱感に体が震えると

共に俺の体に異変が起こり、

“あっ、あぁっ!”と

思う間もなくなんとトコロテンで大噴出。

今まで正常位でのトコロテンは何度も経験していたが、

何度試みても出来なかった

立ちマンのトコロテンをこんなときに達成。

追い討ちをかけるように、

口を犯していた

オジサンが俺の射精の瞬間を見ていて

『おい、この兄ちゃん触ってないのにイッちまったよ』

と相方にご丁寧に報告。

『そんなに気持ち良かったのか。そうかそうか』と

笑うオジサン。

“チクショー、こんな奴に、こんな奴に、

ぢぐしょ~~!!”と

オジサン達に身体を

征服されたような屈辱感に震えながらも、

快感の余韻にも震えてしまっていた俺。

クセになりそう・・・

88x31_2