国を守る新兵は自らのアナルを守ることに失敗した。

 

br1

 

高校卒業して軍人になってすぐの教育時のこと。

当番が決まっていて、

先輩の制服にアイロン掛け。

ある日俺の番が来た。

先輩のロッカーを開け、

制服を取り出そうとしたところ、

写真が一枚。

先輩の競パン姿だった。

競パンの中央に、

片手ではとても隠れないほどの塊!!

思わずギンギンに勃起してしまい、

先輩の制服に股間をこすりながら、

パンツの中でイッてしまった。

また当番が回って来た。

高鳴る鼓動を抑えながら、

ロッカーの扉を開いた。

写真が伏せて置いてある。

俺の股間ははち切れんばかり。

競パン姿を目に浮かべ、

股間ははち切れそう。

そっと裏返しにすると、

なんと全裸・・・。

もう止まらない。

下半身半裸になり、

先輩の制服を股間に押し当てた。

人の気配に振り向くと、

にこにこした顔で、

先輩が立っており。

「おい!俺の制服汚す気か。」

ズボン穿いてちょっと来い。

大変なことになったと思いながら、個室へ・・・。

先輩は「お前がこちらの人間だと、わかっていたよ。」と言いながら、

たちまち唇を奪われた。

先輩の分厚い胸に抱かれながら、

いつの間にか全裸にされ、

俺のいきり立ったものを口に含まれたり、

アナルを舐められたり。


先走りが止まらない。

滴り落ちる寸前に先輩の口内へ。

アナルにつめたいものを感じ、

ローションが施される。

先輩の太長が一気に入ってきた。

やっぱ痛いっ・・・。最初だけだった。

ローションが中まで効いてきて、

会館に変わる。

アナルに根元まで咥え快感も絶頂を迎えた時、

先輩の、ウッと言う声とともに、

トコロテンしてしまった。

俺の精子は先輩が手で受け止め、

飲んでくれている。

俺の肉棒に残った精液も綺麗に吸い取り、

俺も先輩のを靴に含み、

ティッシュなどはいらない。

それからは毎日夕方になると、

宿直室へ。

教育が終わり、一戦勤務。

時を同じにして共感も転勤。

何のことはない、

同じ部隊だ。

隊舎ではもちろん、

休みの日は一日中先輩と体は繋がっている。

あれから3年、

何度も先輩の精子を上下の口に注入してもらっています。