大人の遊び

 

 

俺が小学5年の時、

兄は高校1年であった。

兄は、水泳部で筋肉質、

ムケチンで、

キレイに毛も生え揃っていた。

兄は、親父にムケチンにしてもらったと言っていた。

俺がムケチンになったのは、

小学校5年の時だった。

そのころすでに仮性状態だったおれは、

風呂の時に、

父親に「ほら、亀さんが顔を出した。」とか言って、

ふざけて包皮を剥いて遊んでいた。

すると、一緒に入っていた父が、

「お前もそろそろ剥きっぱなしにしとけよ。」

と言ってきた。

「ほら、お父さんのも剥けてるだろ。チンチンは剥きっぱなしのほうが、清潔だし、たくましくなるんだぞ。ほら、カッコイイだろ。」

チンコの皮を手前に引っ張ってみても、

包皮に無駄がなく剥き癖が完璧についているので、

シュッと剥けてしまう様子を見せくれた。

親父のチンコは見事なズルムケで、

亀頭もボリュームがあり、

色も黒くツヤがある。

大人になったらそうなるんだと、

憧れていた。

自分にもその時期が来たのかという気になり、

興奮したのを覚えている。

俺はその日から、

ズルムケのチンコになる努力をはじめた。

皮を剥いてみたが、

すぐに戻ってしまうのを見た父親は、

お風呂あがりに、

ティッシュを細長く紐状にして、

チンコのカリの下に巻いてくれた。

「とりあえず、

こうやって剥きっぱなしにしてみなよ」

と言い、

なんだかカッコ悪いなぁとこれでいいのかなぁ思っていた。

俺はこれまでもよく剥いていたので、

亀頭を剥きっぱなしにしても、

まったく痛くなかったのでそのまま何日かを過ごすことができた。

「これからは、いつも亀頭が出てる状態にすること。

皮を伸ばしたりかぶせたりしないこと。毎日洗うこと」と、

いくつか注意をされた。

1週間ほど経ったとき、

父が包茎矯正リングを買ってきた。

ティッシュよりもチンコにフィットするリングを、

着けっぱなしにしたおかげで、

だんだんと皮が戻らなくなり、

小5の終わりごろには剥き癖がつくようになっていた。

リングをつけなくても、

皮が被らなくなったときは、

震えるほど嬉しかった。

親父も「どうだ、ムケチンの気分は、気持ちいいだろ。大人になった気分だろ。」と言い、

なんだか誇らしい気分だった。

「オナニーの時は、皮を根本に引き、ボディソープを指に塗り、親指と人差指でわを作り、亀頭のカリを擦るんだぞ。剥けた皮を前後に擦るオナニーをすると、剥けた皮が伸びて、また皮カムリに戻ってしまうぞ!」と、

親父にオナニーのやり方を教えられた。

俺は、ムケチンになってから、

オナニーのやり方を覚え、

俺の精通はムケチンになってからだったwww.

兄と風呂に入った時、

ボディソープでオナニーしようとしたら、

兄がぺぺローションを教えてくれた。

兄は、風呂に入る前に、

ローションを使ってオナニーをして、

風呂で洗っているらしい。

兄の部屋に行くと、

ローションがベッド下の箱に隠してあった。

親父も、オナニーの時は、

兄の部屋で母に内緒で使っているらしいwww.

兄の部屋でローションを借りて、

オナニーをした。

ボディソープより気持ち良かった。

兄が親父に頼んでくれて、

親父が俺にもローションを買って来てくれた。

俺も自室でローションオナニーをするようになった。

ある日、親父が俺の部屋にローションを使いに来て、

親父と2人でオナニーをすることになった。

親父は、ローションより気持ち良いオナニーをしてやると、

俺の勃起を咥えてくれた。

口でピストン運動して、

ローションオナニー以上に気持ち良かったwww.


俺の発射後、親父と交替して、

俺が親父のモノを咥えた。

大人のモノは太く長い。

竿の部分に血管が浮き出ていて、

唇で刺激したら、

相当気持ち良かったようで、

俺の口内に大量放出した。

精子の味は不味かったが、

親父も食べてくれたので、

無理に飲み込んだ。

またある日、

母がいない時に、

親父と兄が遊ぶことになり、

俺も兄の部屋に呼び出された。

兄は、親父のケツでオナニーするという(驚)

親父がベッドに横たわると、

兄は親父のケツにローションを塗り、

指を入れた。

兄は自分の勃起にローションを塗り、

親父の穴に挿入した。

腰を振って、

勃起をピストン運動して、

相当気持ち良いらしい(驚)

兄は数分で射精した。

挿入されている親父も快感を味わっていた。

それを見ていて勃起していた俺にも、

親父は兄と同じようにするように言った。

親父のケツ挿入したら、

メチャ気持ち良かった。

親父のケツは、

口で咥えているのと同じように、

絞めたり弛めたりして、

最高の気持ち良さで、

俺は快感に射精してしまった。

その直後、

兄も俺に挿入してほしいと言ってきた。

俺は射精しても勃起していたので、

兄が親父にしたように、

兄のケツにローションを塗り、

俺の勃起にローションを塗り、

挿入させてもらった。

兄はヨガリ気持ち良さそうでであった。

2回目の射精で時間がかかったら、

兄も勃起して、

モノに触っていないのに、

兄は射精した。

それを見ていた親父が

「トコロテンできたな」と言った。

その後、

俺も2回目の射精をして果てたwww.

親父が「これが大人の遊びだ」と言っていた。

親子3人の関係は、

その後も続いて、

母がいない時に大人の遊びをした。

俺がムケチンになって、

水泳の授業の着替えで、

俺のムケチンを冷やかす奴がいたが、

反面、大人チンポとして羨ましがられて、

得意になっていた。

友人には剥ける奴が多かったが、

剥いてもすぐに皮が戻ってしまう。

俺は皮を被せても自然に剥けてムケチンに戻る。

高校時代には、

ムケチンを冷やかされるより、

羨ましがられて大人チンポを自慢していた。

大学生になった今でも、

親父と兄との大人の遊びは続いている。

しかし、

我が家がゲイ親子である自覚はある。

俺は、土日の夜は、

ゲイスナックの店でアルバイトをしている。

親父も兄も、

客として来てくれる。

我が家は大人の遊びをする特殊な家族だった。

終わり

 

※2020年11月20日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2