童貞学生君の初めては俺のオス穴。

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

一昔前のことだけど、

トイレの個室でタバコ吸おうと行ってみた。

タバコ吸ってたら隣の個室でガサゴソ音がする。

気になって聞き耳たててたらどうも何かの雑誌をめくる音のようだ。

息づかいも洩れてくる。

僕は個室の上から覗いてみる事にした。

ゆっくり覗いてみると制服着た男子学生が下半身丸だしでエロマンガでしこってやがる。

既に一発抜いたのか床にはドロドロしたザーメンが垂れていた。

僕はそのエロさに勃起しちまった。

一旦個室を出て隣の個室のドアをノックした。

当然向こうもノックしてくる。

僕はまたノックした。

中でガチャガチャとズボンを上げてベルトをしめる音がするとドアが開き男子学生がバツ悪そうに出ていこうとした。

僕は立ちふさがり男子学生を個室に押し戻し鍵をかけた。

男子学生はびっくりして声を出そうとしたが手で口を塞ぎ

『お前面白いことしてたなぁ。エロマンガでオナニーかょ』と

言いながら奴の股間を鷲掴みにした。

さっきでしこってやがったから当然完全勃起。

ビビって唖然としててけど

『僕がもっと気持ち良いことしてやるよ』と言いながら

ベルトを緩めズボンとパンツを下までずらしヌルヌルしたチンポをグチャグチャと亀頭責。

『歯を立てるんじゃないぜ。舌を使ってゆっくり舐めるんだ』と言うとぎこちなく舐めだした。

僕はS気が出てきて奴の頭を鷲掴みにして喉の奥までぶち込んでやった。

『ウグッ』と声を洩らし涙目でヨダレも垂れ流しだったがそんなのお構いなしにノドマンを犯し続けた。

奴は涙目で許してほしそうにしてたがよく見ると奴のチンポがまたムクムクと勃起しだしてきた。

『なんだお前チンポしゃぶらされてんのに勃起してんのか?なら後でもっと気持ちよくさせてやっからな。

まずは一発やるからな』と奴の口にってか喉の奥にザーメンをぶちかました。

『ほら、お前ものみほすんだよ』と

チンポを抜きながらかますと戸惑ってたが

『早く飲むんだよ』と手で口を塞ぐとゴクっと飲み干した。

僕は便器に座ったままの奴のチンポに唾を塗り付け上から跨り自分のケツに押し当てた。

br1

奴は何が何だか解らずにいたが

『いやだよ…』と声を出しやがったんで

抱きつき無理矢理キスをして口を塞いだ。

強引に口をこじ開け舌を入れながら、

腰を一気に下ろした。

『ムゴッ』と声が洩れ僕のケツマンコに奴のガチガチのチンポがニュルニュルと入ってきた。

今度は僕の方が声が洩れそうになるがディープキスしながらこらえる。

ゆっくり腰を動かし奴のチンポを味わう。

嫌がってやがったのに自分から腰を動かしてきやがった。

『どうだ気持ちいいだろ?お前女とやった事あんのか?』と聞くと

『…まだです…』と声にならない声で言った。

『女のマンコの前に男のケツに入れちゃったな。

女のマンコより男のケツの方が気持ちいいんだぜ。

ほらっどうだ気持ちいいだろ』と

ケツ振りながら言うと『うん。うん。うん』と頷きながらも

腰を降り続け下から突き上げてくる。

『そうだ…そういう風に突き上げるんだ』

『あぁ~気持ちいい~イキそうだよ~』

『イキたいんならこのままイッていいんだぜ。

僕のケツん中にいっぱい出せよ』

『あぁ~イク…イク…イク…イク~~』

『あぁ~僕もイクぜ』

『あぁ~~』と言うと

僕のケツマンコの奥でビクビクっと種付けしたようだ。

僕も奴の腹に大量のザーメンをぶちかました。

ゆっくりチンポを抜きまだビクビクしてるチンポをきれいにふき取ってやった。

『悪かったな』

『うぅん。びっくりしたけど何か癖になりそう』

『ならまた会ってやるか?』『うん』と

メアドを交換して帰ってきた。

さっき奴からのメールで

『明日もここで待ってるからお願いします』だって。

僕の方が癖になりそうだわ。

童貞チンコを喰った貴重な体験でした。