初体験で潮吹きしちゃった男子バレー部員

 

br1

 

親友のユーヤは顔が小さくて童顔の可愛いルックスです。

身長が180cmを超えバレー部に入っている。

ユーヤとは部活が無いときに遊びに行ったりしてて

僕は彼の事が好きになっていたんです。

どうにかして、彼とエッチなことが出来ないかと考えました。

春休みに、遠方にいるお婆ちゃんの家にユーヤを誘って

一緒に行くことにしました。

お婆ちゃんは、かなりの田舎に住んでるので

飛行機を使って行くんですが、

バスの本数が少ないため

一泊はホテルに泊まらないと行けないんです。

当日、一緒にチェックインしたら僕は弁当を買いに行くといって

薬局でローションを買って備える事にしました。

弁当を食べ終わり、

世間話をして時間をつぶしました。

ユーヤは身長は高いけど筋肉が余り着いてなくて

ヒョロっとしてるから、

部活で活躍できないとか、

部活の話から徐々に同級生の誰がエッチしたとか付き合ってたとか

下ネタの話をしてエロい雰囲気になったら

二人で有料チャンネルを見る事にしました。

ちょうど観たのが最近流行の男の潮吹きで

AV女優がドM男優のチンポを永遠シゴきまくり

イッた後も止めずオシッコを漏らすって動画でした。

ユーヤは「これマジか?男でも潮吹くのか」と

興味を持ってるようだったので

「ちょっと試してみようか?」と提案しました。

「どうせ子供の頃から一緒にお風呂入ったりして

チンコ見てるから恥ずかしくないでしょ」って畳み掛けると

「う、うん。何事も経験だしね」と快諾してくれました。

僕達は別々にシャワーに入り、

タオルを巻いただけの姿になりました。

「同時にタオル取ろうか。3・2・1ハイっ!」って

裸になって彼のチンコを見ると、

身長が高いだけあって長い、

でも完全に皮被りで東南アジアとかのバナナみたいで、

超エロかったです。

じゃんけんで順番を決め、

彼が最初に試す事に・・・。

ソファーに座り、いざオナニーし始めると

緊張からか、

ユーヤは全然勃起しない。

そこで買っておいたローションを使ってみる事にしました。

「動画みたいに僕がローション使ってシゴいてあげるよ。

多分オナニーじゃ途中で止めてしまうかもしれないし・」と言って

彼のチンコにローションを垂らしシゴき始めました。

「ヒャッ!ヤバイ。気持ちよ過ぎる」と

腰を浮かして悶えたんです。

その姿が可愛くて、イキそうになったら止めて焦らすと

「泣きそうな顔で、逝っちゃいたい。

お願い」と

可愛く哀願してくるんです。

これはと思い、大きくなった彼のチンコの皮を剥いてあげ

亀頭をグリグリして、

また寸止めして焦らし

彼の口元に僕のチンコを持って行くと

素直にパクリと咥えてくれました。

情けない事にスグに射精しそうだったので

口からチンポを外し彼のチンコに向け射精しました。

ザーメンを彼のチンコに塗りたくり、

再び彼の亀頭を

責めてあげると

「イッちゃう。もうだめ。出うぅぅ」って泣き叫びながら

いっぱいザーメンをお腹に飛ばしていました。

焦らしすぎてグッタリしてた彼のチンコは

ザーメンを吐き出し、小さく萎えて皮被りの

包茎チンコに戻っていました。

でもその包茎チンコを掴み皮を剥いて

再度亀頭中心に責めだしてみると

体をくねらせ、

腰を浮かせ悶えジタバタして

快感に懸命に耐えていました。

5分ぐらいすると、

「なんか出ちゃう。オシッコ出るぅ。いい?」って聞いてきたので

「いいよ。オシッコ潮吹きしてる姿を見せて」って言うと同時に

彼はジャッジャーって潮吹きしだして

「ちょっ止まらない。止めて。止まらないぃぃ」って

泣き叫んでいました。

全部で終わった後、ユーヤはぐったりしすぎて

僕の潮吹きを溜めそうとはしませんでした。

それからは、彼がウケ、僕がタチのポジションが出来上がり

学校、家、公園などヤリまくりの

性生活を送ることが出来ました。

88x31_2