ヤンキーの性教育

 

br1

 

俺が中1の頃、近所に住む1コ上の

ヤンキーににフェラをさせられた。

ヤンキーは中2にしては体格が大きくて太っていて

3年生でも負かされるくらい。

威張り散らして女子からはかなり嫌われていて

取り巻きはもゴツい不良ばっかり連れていた。

何故か俺は昔からよく虐められていた。

学校帰りに捕まった俺は、人気も無い空き家に連れて行かれ

ズボンを脱ぐようにに命令された。

体も小さいからもちろん陰毛は生えていなくて

皮も全然剥けない小さな包茎ドリチンだった。

周りの友達は体育の着替えのときに、

生えた、剥けたの話をしてるのは

聞こえていて、俺だけじゃないかという、

恥ずかしさから絶対に他人に見せたくなかった。

だから断固拒否したけど、あっさり殴らた。

ヤンキーは力ずくで脱がせず、屈服して自ら脱がすのが好きらしく

俺は泣きながらパンツを下ろした。

「うほぉ、お前のチンコ小さいな~。小学生の弟でもお前よりデカいぜ。ちゃんとオナニーしてんのかよ?」と笑いながら聞いてきた。

「夢精なら一回ある・・・・」と答えると

「んじゃ、後で鍛えてやるよ。まあその前に」と

ヤンキーは自らパンツを脱ぎギンギンに勃起したチンコを

俺の顔の前に突き出した。

正直、体格の差も有るから仕方ないけど、デカかった。

しかも臭い!小便の匂いと汗が強烈だった。

殴られるのが嫌だったから泣きながら

臭いヤンキーのチンポを舐めた。

gayjapan

ヤンキーは「おしゃ、口の中に出すから飲めよ。飲めばチンコに毛も生えデカくなるぞ」と叫びザーメン放出した。

ドロっとした感覚にビックリしたが、毛も生え大きくなり

同級生と同じになるならと、必死に飲み干した。

するとヤンキーは俺のチンコを握り、皮を剥いてきた。

今までお風呂でしか剥いた事無いし、ビクビクしてたら

今度はヤンキーが俺のチンコを咥えだした。

「ひゃっ。ちょっと痛いですぅ」と

泣きそうな声で言うと

「こうやって、慣れさせるんだよ。」と更に激しくフェラしだし

俺が腰が抜けそうになり膝ガクガクさせながら

快感に絶えてると、チンコが全体的に熱くなり

オシッコが漏れそうな感覚を覚え

「ダメです。オシッコ漏れちゃう。出るぅぅ」って言ったら

ヤンキーはフェラを止め、ヌルヌルで赤く充血した亀頭をグリグリ責め

俺は耐え切れず、ザーメンを床にぶちまけた。

初めて自分のチンコからザーメンが出る瞬間を見た。

ヘナヘナと座り込む俺にヤンキーは

「気持ち良かっただろ、これからもっと鍛えてやる」と言い、

帰してくれました。