僕はゲイでした

 

 

19で初めて童貞を捨てました。

初めての女性の身体味わって最高に幸せでした。

ですがマンコに顔を近づけた瞬間…

たまたまかは分からないが噎せ返る臭さ、

夢みたいな時間が全て消えた感覚でした。

それでも止めようとは言えず…

ハメる時すら顔が引きつった気がします。

結果あんなに切望したはずなのに

今では嫌悪しかしなくなりました。

それ以外は気持ちよかったけど、

アソコがあると思うと女に会おうとは思えず。

最終的にフェラしてもらうだけならと男に走りました。

会えたのは同じ歳の男、

デパートのトイレでしてもらうことになりました。


さすがにその頃はまだ勃たず一からフェラされたのですが。

しゃがみこんで僕のチンポを咥えたり舌を這わせたりする男の姿を見てすぐにギンギンに…

たまらず、イきそう!と言うと

口を離し手コキしてくれて…

距離のあるトイレの壁にビチャッ!と音をたてて、

何度もイキまくりました。

一気に力が抜けて相手にもたれ掛かり、

抱きしめられた時、

僕は完全に男に惚れてしまいました。

欲望のまま彼にキスをした後、

既にギンギンの彼のチンポを咥え、

一心不乱にフェラ。

僕のチンポをフェラをしてギンギンにしてくれたと思うと、

たまらなく嬉しかったです。

そこからは男一筋。

女と違い男の身体は胸も脇もチンポも全て美味い。

気に入った男に好かれる様にウケもタチもやるように。

男と交われば交わるほど満たされる身体なんだと実感し、

今ではゲイだったと気付いた事を誇りに思います。

88x31_2