年下の男の子!

 

88x31_2

 

この前、サイトで知り合った若くてスリムな子と抱き合いました。

ぽっちゃりな俺の体を見ても嫌な顔ひとつせず抱いてくれた。性欲が旺盛らしくホテルに入るなり激しくキスされた時は

俺のチンコもビンビン。

彼はエロく舌を絡めてきて

感じちゃった俺は「あっあっ。もっと・・・」と

お願いしたら服を脱がされて勃起チンコが露になった。

チンコを握られ腰がガクガクしてると、彼も脱ぎ始めた。

ゆっくり俺のチンコに口を近づけ黙って舐めてフェラしだした。

これがまたネットリして上手で

「イクッ、イクよ。うぁぁ」って叫んだら

「いいよ。出して飲んであげるよ」

俺は彼の口でイッた。


彼は嬉々として飲んでくれた。

それから、彼はまだまだ俺を愛撫はし続けた。

でも俺は「今度は俺がしてあげる」と言って彼を愛撫した。

あまり経験がない俺は見よう見まねだけど一生懸命愛撫した。すると彼の熱い肉棒から我慢汁があふれ出して

味見してみるとしょっぱかったけど美味しかった。

俺は我慢できなくて「あのっ・・・。アナルに入れてください」と言ってしまった。

彼は心配そうに「大丈夫?初めてなんでしょ?いいの?」

「うん。でも、そのチンコが欲しい!」

俺は仰向けになり足を思いっきり開いて準備をすると

彼はゆっくりと優しく正上位で入れてくれた。

「大丈夫?」

「うん・・もっと」と答えると

彼はゆっくり突いてくれた。

しばらく我慢していると痛みが快感に変わりだし

「もっと激しく…んあぁぁ!凄いすごい!」と

俺はイキそうで絶叫してしまいました。

彼も限界だったみたいで

「イクよ。あぁぁぁぁぁイクッ」って

咆哮を上げながらザーメンを大量に中出しして果てました。

アナルから肉棒を抜いた彼は、おもむろにチンコを俺の顔の前に差し出した。

無言だったが意味は判ったからザーメン塗れのチンコ舐め手お掃除した。

初めてだけど夢中になって舐めた。

正直おいしかった。

それ以来、彼には会っていないけど、

また挿入してほしいな。