中学時代のエッチな体験

 

 

中学生になると、

他の小学校からも人が集まる。

そんなことで、

中学生になると新しい友達Yができた。

中1だったけど、

Yはエロいことが大好きで… まぁ、

この時期は体の変化もあるから皆んなエロくなるのかな?

Yはよく授業中に

『勃起した』って俺にコソっと報告してきてたんです。

報告だけならともかく、

学ランズボンの膨らみまで俺に見せてきました。

Yは細身で学ランもタイトなものだったから、

膨らみもよく分かった。

中学の頃の俺はウブだったので、

今思うとそうゆうウブな俺をからかって面白がってたんだと思う。

ある日、

理科室での授業中にも同じ様に勃起したズボンを見せてきて…

『触ってみる?』とか言ってきたんです。

授業中にも関わらず。

ちょっと驚いたけど、

興味も有ったから他の同級生に見つからないようにドキドキしながら触ってみた。

硬くなったYのチンポの形がよく分かった…。

初めて他人の勃起したチンポを触った瞬間である。

暫くするとYが、

『擦ってみてよ』って言ってきました。

俺は興味津々だったから、

照れるフリをして他に気付かれないように机の下でYのチンポを擦ってみた…

Yは『気持ちエェ…』って言って、

暫く俺にチンポを擦らせたが、

Yが先生に声を掛けられたのでそこで終わった。

このことでYは味をしめたのか、

その日から勃起するたびに俺にチンポを触らせるようなった。


ある日の放課後、

俺はYにトイレの個室に呼び出された。

言われた通りにトイレの個室に行くと、

Yが待ってて…

Yは個室に鍵をかけるとおもむろにズボンからチンポを出して俺に見せてきたのだ。

中1だったけど、

Yは陰毛も生えててボーボーだった。

その時は俺も既に生えてたから、

《俺だけじゃないんだ》って変な安心もしたんだけど、

他人のを目の当たりにするとまた違う感覚が有った。

しかもYは

『触ってみろよ…』と言い、

俺の手をとり生チンポを触らせたのだ。

Yの生チンポを見ただけで衝撃的だったのに…。

俺はもう何が何だかワケが分からず、

気付いたらYの生チンポを触っていた。

暫く触っているとYのチンポが硬くなってきた。

Yは『気持ちエェ…。オマエ、俺のチンコ好きだろ?』って言ってきて

俺の手を取りチンポを擦らせようとした。

さすがに抵抗すると、

『擦らないなら、オマエが俺のチンコ触ったことを他に言うからな』って脅してきたのだ。

俺は他にバラされるのが嫌だったから、

もう従うしかなかった…

Yは『アァ…チンコ気持ちエェ…』って、

トイレに他の人が居ないことをいいことに、

俺にチンポをしごかせた。

暫くするとトイレに人が来たから、

しごくだけで済んだ。

今思えば、

中坊のYに射精させればよかったと思う今日この頃であるw

 

※2021年2月9日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2