年下の先輩を掘り倒すの好きすぎる

 

br1

 

仲良くなった会社の先輩は20歳で俺は20代前半。

先輩は可愛い顔してるけど筋肉アスリートって感じで凄くそそるんだ。

ガタイはラグビーとかやってる人みたいな、

筋肉の密度が厚い感じ。

酔っ払うと先輩は生を求めてくる。

俺が「いいの?」と聞くと

先輩は「生チン欲しい。太マラ欲しい」と言って

ケツを容赦なく擦りつけてくる。

俺は我慢出来なくなってチンコにオイルを塗って一気にブチ込む。

「先輩のケツの中トロットロッじゃん!

締まりも凄くてありえないぐらいヤバイ」と叫ぶ

そしてベッドサイドのお酒飲んでると

先輩が「もうチンコの事しか考えられねぇ」

要求通り先輩をマングリ返しして掘り込む。

先輩が顔を歪めて「アッ!アッ!」と

切ない声をあげるから俺も凄くあがる。


「気持ちいいんか?」

「もう潮ふいちゃう!もっともっと!!」

「何が欲しい?」

「生チンくれ。もっと奥まで。」

「これが欲しいんか?」と思いきりガン掘り。

「すげぇ。すげぇ。」

その後、バックや駅弁などいろんな体位で掘りまくり。

さすがに疲れたんで最後は騎乗位で先輩が上になる。

ラストスパート。

この体位、すげぇ感じる。

普通はケツの中で中々イケないんだけど ザーメンが上がってくる感じがわかる。

「種たくさん欲しいよ」

「いいか。イクぞ。種付けるぞ」

「いいよ。奥に種ブチこんで」

「アッー!」

声にならない声をお互いに上げて叫び 思いきり先輩の中に種付けした。

物凄い勢いの射精だった。

イったあとも先輩のケツまんに擦りつけてやった。

会社で俺は後輩だが経験は俺が先輩なんで

しっかり教えながら俺好みに育てたいと思います。

88x31_2