中3の時、中2の巨根二人に…

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

中学校の時、

ひとつ下の学年にNという巨根で有名な奴がいた。

そいつは、

トイレで小便する時もあえて便器から離れて立って、

周りに自分のマラを見せつけていた。

「触らせて」と言えば簡単に触らせてくれるし、

皮剥いてといえば簡単に剥いてくれた。

Nは平常時8cmくらいで直径は3.5cmくらい、

仮性包茎で、皮は黒めだった。

そして、竿以上に玉がデカくて、

小便の時、

制服のズボンのチャックから玉袋を全てダラ〜ンと出してしていた。

風貌はいかにも文化部、

で眼鏡を掛けていた。

どっちかといえば、

ガリ勉ぽい感じ。

ガリ勉ではなかったが、

実際勉強はできた。

俺が中3、Nが中2の時、

Nが急に廊下にいた俺のところに来て

「俺、今めっちゃ勃起してるんすよw」 と寄ってきた。

周りには数人の男子しかいなかったので俺もそいつのちんこを触った。

固さからして、

フル勃起ではなく7割ぐらいだったが、

十分すぎるほど大きかった。

俺は普段の会話からNは乳首が弱く、

いつもチクニーしていることを知っていたので、

乳首を触った。

Nは 「おぁ〜、やばい、やめてください」 と

わかりやすく感じた。

触った時、

ほんの少し体がビクビク痙攣していて、

本当なのだとわかった。

「やめてください」と言いつつも、

ほんの少し嬉しそうな、

ニヤついた表情が感じ取れたので

「一緒にトイレの個室行こうよ」 と俺が言うと、

案の定、ついてきてくれた。

放課後のそれなりに遅い時間だったので、

周りにほとんど人はおらず、

さっきまでいた男子たちも帰っていた。

俺らは一畳にも満たない狭いトイレの個室に二人立った。

まず、Nが上着を脱いで、

Yシャツだけになる。

そのまま俺は、シャツの上から、

Nの左の乳首を優しく中指で擦る。

「あぁ〜、気持ちいぃー」

一応トイレの個室なのでNが小さい声で言う。

敬語じゃない辺り、

完全に独り言で、

もうエロのモードに入っているみたいだ。

さっきまで、

笑い合いながら乳首を弄っていた二人だが、

個室に入ったっ瞬間、

真剣になった。

俺はNをイカせようとしているし、

Nはイクための準備をしている。

俺の方まで興奮してきた。

ゆっくり、

ゆっくり左右の乳首をシャツの上から擦っていたが数分経って、

自然と上裸になる流れになった。

俺が疲れて、

擦るのをやめた時、

Nは自然にシャツの一番上のボタンを開けた。

俺も手伝って、

二番目、三番目のボタンを外す。

もう言葉は要らなかった。

二人が自然のうちに意思疎通し、

徐々に次のステップへ向かっていく。

全てのボタンを外し、

シャツを静かに脱がした。

Nは中に肌着を着ていたので、

それも脱がした。

今度は乳首を擦るのではなくつねった。

Nはこれにかなり感じたらしく、

暫くの沈黙を破って

「あぁ…」 と声を出した。

ふと下に目を向けると、

ズボンが中学生とは思えないほど大きくテントを張っていた。

苦しそうだと思ったので、

ベルトを外そうと手を掛けた。

そのとき、

足音がした。

誰かがこっちへ来ている。

二人とも一瞬静止し、

耳を澄ましていた。

やがて、チャックを下げる音の後に、

小便が便器に当たる音が聞こえた。

そのまま、

さっさと手を洗って出ていく音が聞こえたので、

二人とも安心し、

また、静かにベルトに手を掛け、

外した。

ズボンを下ろすと、

紺色のブリーフの生地が最大限伸びきっていて、

亀頭の形がはっきりと分かった。

Nは昔から履いているのであろう、

その少し小さめのパンツをゆっくりと下ろした。

すると、

中からNの黒ずんだ肉棒が絵に描いたようにしなりながら出てきた。

長さは16cmくらい、

太さは4.5cmくらいだった。

俺は興奮を抑えきれず、

口一杯にNの肉棒を咥えた。



ゆっくり動かしながら、

裏筋や、カリの部分に舌を絡ませる。

当然、それなりの音も出たが、

もはや気にならなかった。

「腰、動かしていいですか」

Nが聞いた。

俺はNの目をしっかり見ながら、

小さく頷いた。

Nは初めこそ、小さく、

優しく腰を振っていたものの、

1分もしないうちにAVで見るように、

激しく、イラマチオしてきた。

俺は咥えるのと息をするので精一杯だった。

Nは相手が中学の先輩だということも、

ここが学校のトイレだということも忘れ、

一心不乱に腰を振っていた。

突然、誰かの声がした。

集中しすぎて、

足音には気付かなかった。

「おーい。何してんだ。なんか聞こえるぞー。」

かなりビビった。

だが、

声からして、

先生ではないことは確かだった。

すると、Nが 「お前、Dか?」 と聞いた。

俺は、何するんだ、と一瞬焦ったがすぐに

「ああ、そうだよ」 と声が聞こえた。

今度はNが 「じゃあ、お前も入れよ」 と言って、

個室のドアを開けた。

俺は止めようとしたがそんな暇もなかった。

俺はNの腰のあたりに頭がくるように膝立ちし、

Nは下半身を露出している。

俺は状況も理解できず、

ただ呆然と目の前にいる”D”という奴の目を見た。

思い出した。

こいつも一学年下の巨根で有名なやつだ。

しかもNを上回る。

Dは背が高く、

俺やNより一回り大きい。

しかもテニスをやっているから細身で日焼けている。

女子からもモテるだろう。

Nは個室から出て、

小便器などがあるスペースへほとんど全裸のまま歩いた。

NはDに、

俺のことを指差して

「こいつ、先輩なのに一生懸命俺のちんこしゃぶんてんだぞw」 と

急に軽蔑するように言った。

Dも 「へぇ〜、じゃあ俺もやってもらおうかな」

なんて高圧的に言ってくる。

俺は初めて何が起こっているのかわからなかった。

でも、少し遅れて気が付いた。

NとDは普段からこういう関係で、

俺は二対一になってしまったのだと。

NはDという仲間を手に入れたことで豹変した。

俺はなす術がなかった。

俺は強引にDに頭を股間に引き寄せられて、

肉棒を咥えさせられた。

Dの肉棒は本当に大きかった。

N以上だった。

手際良くズボンとパンツを下ろすと、

綺麗な肌色の棒が出できて、

むくむく大きくなっていった。

最大にならないうちに、

無理矢理口に入れられ、

口の中でますます大きくなっていった。

長さは明らかにN以上で、

イラマチオされると窒息しそうだった。

後で見たところ、

太さはNと同じくらいだが、

長さは18cmを超えて、

20cmに届く勢いだった。

硬さも人並みではない。

しかも、Nよりも激しく、

奥の奥までついてくる。

一突き一突きが喉の奥に当たって苦しかった。

その後、

俺はまたNのものを咥え、

後ろからは、

汚いものを扱うかのようにDに唾を

「ペッ」と吐かれ、

生の肉棒を挿入された。

もう何も考えられなかった。

後輩二人に前の穴と後ろの穴を塞がれている。

初めにNがイった。

「あっ…イクッ」と声を出し、

最後は自分の手で俺の口の中へ出した。

出る直前、

3回くらい金玉が、

2cmくらい上下したのが見えた。

俺がいつも出している量の三倍くらい出ていた。

雄臭い、

不快な臭いが一気に鼻腔に広がったが、

それ以上に後ろからのDの一回一回の衝撃の方が強く、

それどころではなかった。

俺はNの目を見て、

その濃厚な精液をゴックリ飲んだ。

それから3分くらいして、

Dもイった。

最後の30秒くらいで突きが激しくなってきて、

最後の10秒はもう腸が破れるんじゃないかと思った。

最後の一突きでバックの体勢のまま俺の背中に倒れ込み、

種付けした。

Dはそのまま、

ゆっくりと肉棒を抜いて、

トランクスへ仕舞い、

制服を着た。

NとDは俺の顔も見ず、

そそくさと帰ってしまった。

俺は何も考えられず、

痛むアナルを押さえながら、

帰る支度をした。

家への帰り道、

自転車に乗りながら、

尻からDのザーメンが漏れ出でいることに気づいた。

家へ帰り、

トイレで肛門から出る汁を指ですくい、

舐めた。

甘い味がした。

 

※2021年1月20日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2