大学の金髪イケメン同級生を調教依頼

 

 

俺が通ってる大学に超イケメンの同級生がいる。

名前は海斗。

金色に髪を染めて不良っぽいけど、

そこらの女よりも顔立ちの整った可愛らしいジャニ系の色白美男子。

175㎝オーバーの長身でスラッとしたモデル体型が女子にも人気で、

当たり前のように彼女がいるらしい。

俺はそいつを体験入学の時から目を付けていた。

初めて見た時から胸の鼓動が収まらずに一目を気にせず勃起した。

周りには人が大勢いたけど、

みんなは体験入学のゲストを見ていて勃起には気付かれなかった。

あの時の性的興奮は忘れられず、

家に帰ってもそいつの顔を思い出していた。

友人の繋がりを伝ってSNSのアカウントを見つけて海斗の画像見ながらシコリまくった。

入学してからは性欲の激しさが増して授業に集中出来ない。

授業中でも後ろから見えるうなじや綺麗な横顔を見るだけで勃起が止まらなかった。

(あいつをめちゃくちゃに犯してやりたい)

そう思ったけど、

俺にはノンケを襲うなんて大それた事は出来ない。

だからせめて、

あいつのエロ画像でいいから手に入れたい。

俺は家に帰ってからSNSで知り合った近所のバリタチ親父にラインで相談した。

ネカマが趣味のようで前々から大学に上玉がいたら紹介してよと言われてたので、

調教の依頼をしてみた。

「そいつは彼女持ちのノンケで大学で屈指のイケメンだし、

調教してみませんか?」って。

そしたらすぐに返事が来て、

「面白そうだな」と

やる気に満ち溢れたコメントが返ってきた。

情報として海斗のSNSのアカウント、

サッカーサークルに所属してることなどを教えたら

「これだけあれすぐに堕とせる」と連絡が入った。

俺は、バリタチ親父に調教写真をメールで送ってくれと頼んだ。

その二週間後からだ。

あいつが授業に来なくなったのは。

計画が動いたのかと思ってスマホの画面と何時間も格闘してると、

夜中の2時過ぎにバリタチ親父からメールが送られた。

メールを開くと、

捕獲完了の文字と一緒に画像が添付されていた。

画像には金髪の美少年が全裸で綺麗に引き締まった肉体を晒しながら股を開いてる姿が写っていた。

目隠しと猿轡を付けられてたけど、

間違いなく海斗だった。

俺は頭の中が真っ白になりながらも、

勃起チンコをシコろうとズボンを脱ぎ始めた。

すると今度は、

首から下の無駄毛を全て剃り落した全身パイパンの画像が送られてきた。

薄く割れたシックスパックに柔らかそうな白い肌が何とも言えない。

俺は生まれて初めて10秒も経たずに射精した。

そして毎日あれよあれよと大量の写真が送られてきた。


縄で緊縛された姿、

キス攻め、フェラ顔、ぶっかけ、

そしてとうとうケツを犯されて騎乗位、正常位……

どれもこれも夢にまで見たオナネタばかりだ。

最初の内は苦悶を浮かべる写真ばかりだったが、

日を追うごとに海斗の表情が柔らかくなっていた。

バリタチ親父の宣言通り、

一カ月が経過した頃には快楽で顏を歪ませた海斗のエロ画像が送られるようになった。

白目剥いてたり、

瞳孔を開いてたり、

頬を真っ赤に染めてたり。

素人目でも「堕ちたな」と分かる画像だ。

最後の画像には本文でこう書かれていた。

「こいつとヤリたいか?」

俺はここにきて当初の目的である

「めちゃくちゃに犯したい」

気持ちが強くなってバリタチ親父の問いかけに二つ返事で即答した。

そしたらメールにホテルの住所と部屋番号が書かれていたからバイクで直行。

恐る恐る部屋を開けると、

ソファーの上に引き締まった身体を晒した全裸で横たわる海斗の姿を見つけた。

隣ではバリタチ親父が薄ら笑いを浮かべている。

「媚薬嗅がせて寸止めしまくったから、相当ムラムラしてやがるぜコイツ。まあ後は、お二人さんで楽しめや」

バリタチ親父は空気を読んでくれたのか、

部屋から出て行った。

残されたのは俺と海斗だけ。

俺は当初の目的を果たすため、

奴の身体に襲いかかった。

まずは顔を接近させて唇と唇を重ねて思いっきり接吻した。

興奮のあまり、

鼻息が荒かったから引かれると思ったが、

その逆だった。

海斗は自分から舌を出してベロチューを懇願しやがった。

俺の興奮は最高潮に達して、

唾と舌を絡めながら濃厚なキスを降り注がせた。

初めてのキスがここまでのイケメンとは想像もしていなかった。

「チンポぉ……チンポぉ!」

射精禁止の時間が相当長かったらしく、

俺のモッコリブリーフに綺麗な顔を埋めてきやがった。

そんな可愛い顔でパンコキするとか反則だろ。

こいつが少し前まで彼女持ちのノンケだったとは考えられない。

俺はパンツを降ろして自慢の勃起チンポを海斗の顔に叩きまくった。

マラビンタの度に柔らかい肌が亀頭に吸い付いて、

すげー征服感を感じた。

海斗もすっかり淫乱ウケになっちまったようで、

恍惚とした表情で口を開けて舌を出している。

俺の唾液が絡みついたピンク色の舌をペチペチとチンポで叩くと、

我慢できない様子で咥えこみやがった。

フェラテクも一から教わったのか知らないが、

強烈な吸引感と舌でチンポが包み込まれる。

「んふううんんんんんんん!」

雌の声を出しながら上目遣いでフェラと手コキを繰り返している。

すっかり奴隷の表情になって満足げな顔だ。

ジャニーズにいても不思議じゃないイケメン君が、

ここまでのチンポ好き変態野郎になってしまうとは。

俺はそのまま後頭部を両手で掴んで激しく喉奥を突きまくった。

射精感と共に腰のスピードが速くなって、

イラマを始めてから20秒程度で射精に至る。

ドロドロとした濃厚ザーメンを口マンコに種付けして、

ごっくんさせた。

海斗のチンコは超ビンビン。

喉奥も開発済みとはあの親父えげつない。

それから俺のチンポが復活するまで全身愛撫を堪能した。

海斗の雪よりも白い肌を舌と指を使って触ったり舐めたりを交互に繰り返す。


海斗のカラダはめちゃくちゃ敏感になってて、

触るたびにアンアンアンアン全身性感帯のように感じまくっていた。

脇の下とか足の裏とか舐めてる内にビンビンとチンポが太くなって、

海斗のケツにローションを塗りたくった。

そしたら、

いとも簡単に奥までチンポが突き刺さって拍子抜けした。

あのバリタチ親父、

どれだけ掘りまくったのか見当もつかない。

つい最近までノンケだったとは思えないトロマンっぷりにテンションが上がり、

部屋中にパンパンパンと響き渡るセックスの音色を奏でた。

「あっ!あっ!ギモヂイイイイ!」

コリコリとした前立腺っぽい箇所を突きまくったら、

こいつ襟足の長い金髪振り回してヨガリ狂ってやがる。

バキバキのシックスパックを痙攣させて窪みがはっきりしていた。

海斗の痴態を目の前で見てるとこっちも興奮して腰の動きが止まらない。

そして正常位でドクドク大量射精して種付け完了。

イッたばかりのチンポを顔に近づけたらお掃除フェラまでしてくれた。

「知ってるか?そのチンポ、さっきまでお前のケツに入ってたんだぜ」

ますます興奮した海斗は

「もっと、もっとチンポ俺にください」って懇願してくる。

結局この日は太陽が昇るまで海斗のケツに俺の精子は吸い尽くされた。

この日を境に、

俺と海斗はセフレになった。

俺のチンコの虜になったみたいで、

命令通り全裸オナニーやアナニーの動画を送りつけてくるし、

大学でも授業中に

「セックスしたい、セックスしたい!」と

ラインで送ってきやがる。

そんなんだから講義終わりに海斗を人通りの少ない校舎のトイレに来させて、

個室でやりまくっている。

トイレで全裸にさせてジュポジュポ音立ててヨダレ垂らしていやらしくしゃぶるようになったし、

喉輪攻めをすんなり受け入れて開発された喉奥でチンポギュウギュウ締め付けてくるようになった。

射精感がたかぶってきたら頭がっしり押さえて海斗の頬を突き破る勢いで口奥に発射し、

最後の一滴まで絞り取らせる。

射精後のザーメンごっくんとお掃除フェラもしっかり怠らない。

トイレでは基本俺は便座に座ったままで、

海斗自ら俺のチンコにまたがってきてけケツ振りまくってる。

周りに人がいるもしれないのに

あぁー、、きもちいいぃぃ、、と快感に浸ってトコロテンしてる正真正銘のド変態になった。

最近では大学のトイレで種付けセックスした後、

搾り出させたザーメンを全身に塗りたくって服着せて、

そのまま講義に出席させている。

キャーキャー言ってる周りの女共がどんなふうに思っているのか聞いてみたい。

 

※2020年12月28日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2