ゲイ確認術

 

br1

 

俺は、入社5年目で27歳のゲイ。

今年入社の新人とペアを組んだ。

ゲイの勘で新人もゲイの匂いがした。

トイレで並ぶと、

俺のモノを覗いている。

大浴場のあるシティホテルでは、

一緒に風呂に入り、

俺のモノをチラ見している。

俺のムケチンを羨ましがって、

ガン見して、ムケチンの作り方を聞いてくる….など。

旅館の和室に泊まった夜は、

俺の布団に新人の手が入って来て、

俺の股間の上に置かれた(驚)

俺もゲイなので、

新人の行為に驚いたり、

拒否したり、

敢えて指摘しない。

逆に、新人がゲイであることを期待しているwww.

夏の出張の夜、

大浴場のないシティホテルのツインルームで2泊。

部屋風呂に先に入った俺は、

新人を試すことにした。

ベッドにTシャツ・トランクスで大の字に寝転び、

トランクスの裾から亀頭を出し、

嘘寝して、

新人が風呂から上がって来るのを待った。

風呂から上がった新人は

「先輩、寝ちゃいましたか?」と、

声を掛けて、

俺が熟睡していることを確認して、

俺の亀頭を摘まんで熟睡を確認していた。

新人は、

俺の亀頭をガン見しながら、

センズリを始めたwww.

ティッシュに放出し終えた後、

俺の亀頭を摘まむ。

亀頭に皮を被せようとして、

皮を引っ張る。

俺のモノは平常時から皮が被らないムケチンなので、

手を離すと自然に皮が剥けて戻ってしまう。

新人は、何度も皮を被せようとして皮を戻すが、

仮性状態で皮が止まらない。

何度も皮を触るので半勃起状態になり、

皮を被せることも無理になったので、

そのまま勃起してやったwww.

「先輩、起きていますか?」と、

再度声を掛けて来たが、

嘘寝を続行。

勃起したので、

トランクスの裾から跳び出した18㎝超えのフトマラをピクンピクンと動かしてやったwww.


新人は堪えられなくなり、

俺のフトマラを咥え、

シャブリ始めた。

ピクンピクンと動かしたら、

咥えるのを止めた。

新人もゲイと確信した2日目の夜、

また新人より先に風呂に入り、

ベッドに横になり、

トランクスの裾からイチモツを出して、

2日目は勃起させて、

新人が風呂から上がって来るのを待った。

風呂から上がった新人は、

俺の勃起を見て

「先輩、寝ちゃいましたか?」と声を掛けて来たが、

嘘寝続行。

新人は、俺の勃起を握り、

軽く扱いた。

「先輩、寝ちゃいましたか?」と声を掛けて、

俺のフトマラを咥えシャブリ始めた。

2日目の夜は、

俺もゲイであることをカミングアウトするつもりで、

射精するまで、

やられ続けたwww.

射精と同時に大きくタメ息を吐き、

全部吸い上げてくれるのを待った。

新人は、

最後にティッシュできれいに拭き取ってくれた。

「あぁ、気持ち良かった。○○(新人)君も、ゲイだったんだ」

驚いた新人は

「先輩、ごめんなさい。」

「○○君、俺もゲイだから、心配するな!、心配するなら、俺にもシャブらせてくれ!」

すると、

新人は、俺のベッドの横に立ち、

ボクブリを下げた。

平常時10㎝ほどの皮カムリ。

咥えて皮を剥き、

勃起させてシャブリ始めた。

勃起すると15㎝超えのデカマラ。

先走りも出て美味しい。

シャブリ続けたら、

俺の口で発射w

全てをいただいた。

その夜は、お互いのベッドで寝ることになった。

その後、

新人とはゲイの関係になった。

出張のホテルは大浴場付きを選び、

部屋はセミダブルのツインルームを選び、

夕食・風呂後、

部屋で2人で楽しんでいる。

終わり

br1