ウリ専漁師の島④

 

br1

 

《③の続き》

題名は、ウリ専漁師だが、

カップルになったので、

今では彼氏となった漁師の兄貴。

兄貴と4回目のエッチは、

前回から2週間後でした。

今回は、土日に会う予定だったが、

天候が悪くなりそうだったので、

兄貴は金曜日の昼間に対岸にボートで渡り、

金曜日の夕方からやって来ました。

夕方、俺の仕事終わりを待ってくれて、

車が停めやすい私鉄の駅前で待ち合わせした。

漁師なので、

夕食は魚以外でと思っていたが、

兄貴は俺の街の名物である鰻料理を希望(笑)

島では、鰻は獲れないので、

食べてみたかったらしい(笑)

意外だった。

夕食後、俺のマンション近くのコインパーキングに車を駐車し、

俺の部屋に案内した。

1日早い訪問だったので、

少し散らかったままだったが、

ゲイ男性に見られて困る物はないので、

そのまま上がってもらった。

ゲイ雑誌やゲイDVDがそのまま散らかった部屋に入ってもらった。

精子が飛んで汚れたベッドシーツは、

翌朝取り替える予定だったので、

兄貴は汚れたベッドシーツの上に座り、

Y(俺)さんの匂いがすると、

枕に顔を着けて喜んでいた(笑)

洗濯したシーツに取り替えようとしたら、

俺の匂いのする布団で寝たいと言う。

俺のベッドに座って、

ジーンズのモッコリはMAXであった(笑)

ヤリ友や元彼と遊ぶためセミダブルベッド。

兄貴のシングルベッド以上に遊べる予感(笑)

ワンルームマンションの風呂は小さいが、

2人で入った。

兄貴の萎えたイチモツを明るい所でゆっくり観察するのは初めてだった。

萎えた状態でも長く太い。

亀頭も横に張り大きい。

竿に皮がヒダを作って余っていたので、

亀頭に被せようとしたが、

カリが大き過ぎて戻らなかった。

カツオ船に乗っている時、

先輩漁師に皮が被らないように、

輪ゴムを二重にしてカリ下に付けられたら、

ムケチンになり、

毎日輪ゴムを着けたままにしていたら、

3か月ほどしたら亀頭が大きくなり、

皮がカリを越えなくなり、

それ以来ムケチンらしい。

ムケチンになってカツオ船に乗ったら、

先輩漁師にケツを掘らせてもらったようだ(笑)

他の漁師からは、

性処理にケツを掘られていたらしい(涙)

約1か月間のカツオ船の上では、

自分1人で性処理するか、

仲間同士で掘ったり掘られていたようだ。

同室の仲間は、それを見て見ぬ振りをし、

丘に上がれば他言無用がカツオ船の掟だった。

兄貴は女の前に男を知ってしまったので、

女では満足できずゲイになったらしい。

売春島では、

金を出せば女には困らないが、

買った女にイチモツの大きさ故に、

マ○コへの挿入を断られ、

口と手だけで処理されたことも、

トラウマになっているらしい(涙)


風呂を出て、2人裸でベッドに横になった。

兄貴は俺の臭い枕の匂いを嗅いで勃起状態。

俺は上下逆になり、

69の体位になり、

お互いに咥え合った。

兄貴のAに指をやると、

濡れて受け入れ可能で開いていた。

俺は、兄貴の足を上げ、

肩に乗せると、

俺の竿にローションを塗り、

ゆっくり挿入して行く。

Gspot通過時、

兄貴は声を上げる。

今夜はゆっくりできそうなので、

意地悪してGspotは攻めない。

更に奥を突く。

兄貴に意地悪がバレたらしく、

「意地悪!」と言って、

肛門で噛み付くように肛門絞めをして来た。

俺の竿は動かせなくなり、

同時に兄貴の竿は絶好調。

太く長い竿が、

太鼓のバチのように腹を叩く。

俺も負けじと、

抜き差しできない竿を、

ケツの中でピクンピクンとさせ内壁を叩く。

兄貴は唸り始めトコロテン射精した。

今日の兄貴の1射目は、

ピクンピクンさせていて斜め上を向いた時だったので、

枕越え以上の枕側の壁のカレンダーに直撃(爆)

2射・3射目もセルフ顔射していた(笑)

兄貴のケツが弛んだので、

俺は兄貴のGspotを攻めながら、

ローションで亀頭責めをしたら悶え出し、

兄貴の潮吹きのタイミングを知ったので、

Gspotを突きながら射精させてもらった。

兄貴が「射精したね?」と言ったと同時に潮吹きした。

これまた噴水のような飛び散り方で、

俺の顔にも掛かった(笑)

飛び散った白濁液や潮を拭き取り、

再び2人で風呂に入った。

兄貴も俺も再び勃起wボディーソープを塗って扱き合いした。

俺はイキそうになったが寸止めしてたら、

兄貴はYさん家で出し切って帰ると、

白い放物線を描いた。

俺も我慢を止めて発射させてもらった(笑)

ベッドに戻り寝ようとしたら、

入室に見つかったゲイDVDを兄貴が見たいと言うので、

セットした。

ゲイのSMモノで、六尺褌男が亀甲縛りされ、

電マや鞭で苛められ、

尿道にカテーテルを挿されれるビデオであった。

第2話は、

ウェットスーツにガスマスク姿の男がベッドに縛られ、

苛められるビデオであった(笑)

兄貴はベッドに座って見ていたが、

股間は硬直し爆発しそうだった(笑)

兄貴はビデオみたいなエッチがしたいと言った。

以前遊んでいたヤリ友が、

ソフトSM好きのMだったので、

その頃使っていた道具が残っているので、

翌日はソフトSMプレーする約束をして、

裸で抱き合って、

お互いの竿を握って眠りました(笑)

⑤へ続く

 

※2020年1月17日投稿作品の再掲載になります。

br1