研修センターの先輩らしき男達に輪姦された新入社員①

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

今年新卒で入った会社の新人研修行った時の話。

コレの意味は有るのかって感じの研修も終わり

違う研修に一応参加しているんだけど

絶対遊ぶために来ただろうって感じの先輩達の飲み会に参加して

しこたま飲まされてた俺は

早々に潰されて意識を失い寝落ちしてしまった。

同期が担いで部屋まで連れてってくれたみたいで

目が覚めると夜中

研修センターには個別の風呂場が無く

24時間入れる大浴場が有って

元々社員の保養施設だったらしく露天風呂も有る。

良いも冷めたしサッパリしたくて大浴場に向かう事に

もう夜中だし誰もいないと思っていたら人がいる気配だった。

気にせず風呂に入ると多分先輩だと思われる人達が二人いた。

筋肉質だし結構タイプな感じだ。

もちろんチンコチェックしると

二人ともかなりの巨根!

ゴクリと音が鳴るくらい唾を飲み込んでしまった。

このままじゃ正直チンコがギンギンになりそうでヤバかったので

逃げるように露天風呂の方に行った。

そしてさっきの二人はの巨根を思い出しながら

どっちだろう、ノンケだろうな~なんて思っていると

その二人組も入って来てしまった。

二人ともタオルで隠しもしないで

露天風呂の淵に腰かけているのでモロに巨根が目に入ってしまう。

俺の下半身は水中にあるけど

流石にチンコが大きくなってきてしまった。

しかもその様子を二人組に完全にバレてしまった。

すると二人組は自ら巨根を触り始めて



お互いここまでデカくなるやら、

カリの形~等結構エッチな話しだしたんで

否が応でも聞こえてくる。

俺は完全にタオルにテント張ってしまい恥ずかしい。

二人組みは急に話を辞めて立ち上がり

俺を二人で挟むように密着して座ってきた。

焦って逃げようとすると肩を掴まれ

「俺達の巨根見てギンギンにおっ勃ててるのに、逃げんなよ」

「すみません。止めて下さい。」

「ちょっw全然説得力にないぜ。素直になりなよ」

片方の男が俺の目の前にデカくなった巨根を目の前に差し出す。

その瞬間俺の理性は吹き飛んで巨根しか見えなくて

すぐさま咥えようとすると

顔をクイっとつかまれて男と目が合った。

「その前にお願いして」

「巨根しゃぶらせてください。」

「良い子だ。初めから素直になればよかったのに」

「ほら、お前とは違ってデカチンだぞ。ちゃんと味わいな」

俺が嬉々としてデカチンに奉仕していると

もう一人の男が後ろから乳首とかアナルを絶妙に責めてくる。

それが上手で感じながら巨根に奉仕する。

背後の男が立ち上がって二人の巨根を同時に奉仕させられる。

夜中とはいえ誰かが来るかもしれないヤバい状況なのに

エロい巨根が二本も有る贅沢で淫靡な状況に無我夢中で奉仕する。

すると風呂場に誰か入ってきた音がした。

巨根引き離される。

「誰か来ましたよ!!」と焦った声だすと

男の一人が「たしかにヤバいな。部屋に戻るか。オイお前ついて来い」

急いで冷水で体を冷やしてチンコを萎えさせて

入ってきた人に気がつかれないように大浴場を出た。

部屋までの道中エレベーターに乗り

降りて廊下に出て歩き出そうとすると男達に止められた。

そして誰もいない事を確認すると廊下で全裸にされた状態で

廊下を移動させられた。

味わったことのないドキドキとスリルで俺は人生で一番硬く勃起してたと思う。

つづく

88x31_2