家庭教師のお父さんと②

 

 

家庭教師の仕事で出会ったお父さんは、

理想のタイプの男性だった。

坊主、あご髭、

厳つい風貌、

たくましい二の腕と両足、

低く響く声、

刺し殺されそうな強い目、

そして、

たくさん経験値を積んで立派に黒光りしたアソコ。

それなのに、

暖かく優しい一面があって、

包容力もある。

こんな人、

男女関わらず誰だって好きになるにちがいない。

妄想の中でしか、

お父さんと触れ合うしかないと思っていたけど、

妄想が現実になった。

それ以来、

俺はずっと、

お父さんの事ばかり頭に、、。

「先生っ!終わりましたっ!」

家庭教師の生徒さんが、

出した問題を全て解き終わった。

『あぁ、了解!早かったね!』

慌てて、

採点をする。

あの激しく抱かれた日から、

お父さんの事ばかり考えてしまっている。

そういえば、

今日はお姿を見ていなかった。

どうしたのだろう、

お仕事だろうか。

夜の11時。ようやく指導が終了した。

『終わりました~。』

1階のリビングに降りて、

お母さんに声を掛ける。

「いつも、遅くまでありがとうございます!先生!」

お母さんは、

腰が折れ曲がるくらい深くお辞儀をして下さった。

なんだか大変申し訳なくなる。

こりゃ何としても、

息子さんの成績をあげなくては!

使命感のようなものが湧いてきた。

『では、今日の報告を行いますね。今日は数学をやりました。

式と計算という単元です。

同類項をまとめれば容易いのですが、

まずここの分配法則の時点で間違えてまして…。』

生徒さんが解いたものを元に、

何を間違えてどこが分かっていなかったか、

その結果、

どう指導を持っていったかを細かく報告した。

自慢ではないけど、

これが保護者の方に支持頂けているようで、

本部に直接お褒めのお電話をかけて下さるご家庭もあった。

お母さんも、うなずきながら、

そうなんですよね~ここまで出来ているのに!と、

共感しながら聞いて頂いた。

「おい!上がったぞ!」

低くて重く響く声が奥から。

お父さんだ! 「は~い!すみません、先生、今、主人がお風呂から上がったので、ちょっと待ってて下さいね。」

そうか、

お風呂だったんだ。

お父さんの厚い胸板と太い両腕。

思い出すと、

それだけで股間がムズムズしていた。

ドカドカドカ。

大きな足音が聞こえてくる。

お父さんにお会いできる。

だが先日のこともあったので、

何だか恥ずかしくてうつむいた。

「おう!先生!ごくろうさん、今指導終わったのか。」

『あ、はい!たった今。』

顔を上げて、

ドキリとした。お父さんは、

パンツ一丁で出てきた。

寝室で見た時と同じ、

筋肉の上に脂肪が乗った鎧に、

腹から胸まで続く剛毛、

そしてパンツには、

くっきりとお父さんのシンボルが浮かび上がっていた。

「ちょっとお父さん!先生いらっしゃるのに!ちゃんと服着てよ!いつもは着替え持っていくまで出てこないじゃない。」

お母さんがぷりぷり怒りながらスウェットを渡しに来た。

俺を見て、

ニヤリとしながらお父さんは着替えを始めた。

(わざわざパンツ一丁で出てきたんだ。俺に見せるために。)

お父さんにこういう意地悪な所があるのが、

堪らない。

お母さんが持ってきたスウェットを着た後、

牛乳を冷蔵庫から一瓶見つけて美味しそうに飲むお父さん。

その姿が、

可愛らしくも微笑ましく思えた。

お風呂上がりの一杯が終わった所で、

改めて、今日の指導報告をお父さんにもした。

宿題の範囲を伝え、

学力を上げるためにどう取り組むのかについても伝えた。

「ありがとうな、先生。こいつ勉強のやり方が分かってなかったみたいだから、俺たちにも今みたいに説明してくれると助かるよ。」

『いえ、そんな大したことでは。

僕なりにお子さんが成績の上がる方法は何かを考え、

それをお伝えしただけなので。』

「謙遜しなさんな先生。ボンクラ教師なら分かりやすく伝えられんし、

相手に伝わるように話をしないというのに。

やっぱ先生は、頭が良いだけではなくて、人間的にも優秀な先生だよ。色んな人間見てる俺が言うんだ。自信持ってくださいよ。」

真っ直ぐ真面目に目を見てくれるお父さん。

怖いと思った強い目だけど、

今は熱い気持ちで溢れそうになる。

こんなに自分を真っ直ぐな目で見てくれる人、

今までの人生でいなかったなぁ。

心底お父さんに惹かれている自分がいた。

『あ、あの、ありがとうございます。

必ずお子さんの成績、上げますんで!』

「おう!これからも頼むぞ、先生!」

がっちり握手された。

ちょっと痛い。

『じゃあ、次回は明日の13時ですね!ありがとうございました。』

挨拶をして、

車に乗り込む。

お父さんに教師として、

認められた。

何よりも嬉しい報酬だった。

明日は昼の13時。

ちょっと朝はゆっくりできるな。

エンジンをかけて車を少し走らせる。

ところが。

ギュギギギっ 聞いたことがない音がタイヤからした。

不安に思って、

タイヤを見てみた。

最悪だ。

見事に前輪がぺちゃんこになっていた。

ここでパンクとは。

困った。

今いる御自宅は山の斜面に位置している。

下手に走らせると危ない。

異音が聞こえたのかお父さんが出てきてくれた。

「どうした?先生。」

『すみません!何だか車がパンクしちゃったようで。』

「マジか?ちょっと見してみ。あーこりゃダメだな。

このまま帰るとあぶねえな。」

仕方がないので、

電車で帰ることと、

ちょっとの間置かせてくれないかとお父さんに伝えると、

「そりゃ構わねえけど、

この辺りの電車は普通電車はもう終わって、

後は急行が通りすぎるだけだから、

もう電車はねえよ?」


終わった。

ならば仕方ない、

高くなるが、

タクシーで帰るか。

それしか手段がない。

お父さんにタクシー呼んで帰りますと伝えると、

俺が家まで送ってやるよと言われた。

『いやいや、お父さん、

明日も朝5:30に会社に行かれるのでしょう?ただでさえ、

もうこんな時間なのに。申し訳ないですので。』

「いいっていいって。そのまま、

会社内で泊まるから。おい!母さん、

俺、今日は先生送って会社に泊まるから!」

「は~い。先生、大変でしたね、

車のことは気にしないで下さいね。」

ありがたい。

ここはお言葉に甘えることにした。

「じゃ、先生、ちょっと待っててくれ。」

お父さんは車のキーを取りに、

家に戻った。

お父さんと二人になる。

先日のことが頭をよぎった。

『俺を忘れなくさせてやる。』

いや、ないない!

今日はそんなこと。

明日も仕事なんだし。

「先生、待たせたな。じゃ行くぞ。」

仕事着に着替えたお父さんが出てきた。

今、気づいた。

ガレージがある。

そしてガレージから出てきたのは、

ヤの付く人が好みそうな高級外車だった。

緊張しながら、

靴の裏を払って、

汚さないように乗り込むことにした。

「何やってんだ。先生、汚れなんざ俺は気にしねえから!」

『じゃあ、あの、お邪魔しますっ。』

「おう!」

車の中に入ると、

芳香剤の甘い香りが出迎えてくれ、

これがまた妙にドキドキさせるものだった。

シートベルトを締めていると、

お母さんがわざわざお見送りに出て来てくださった。

お礼を言わなきゃ。

『今日はありがとうございました。車の件、すみません。』

「いえ!明日もよろしくお願いいたします、お休みなさい。」

「じゃあ、行ってくる。」

いかついエンジン音をふかせながら、

発進。

暗い山道をグイグイ進んでいく。

なんだかお父さんとドライブデートみたいになっちゃったなぁと考えていると、

「先生、なんか、ドライブデートみたいになったな(笑)」

お父さんも同じこと考えて笑いそうになった。

いつもの帰り道。

大音量で音楽を流して一人カラオケしているとあっという間に家に着くんだけど、

今日はそうじゃない。

しかもこんな日に限って車線規制でちょいちょい車が止まる。

お父さんと二人で嬉しいんだけど、

だんだん話題もなくなってくる。

何喋ろうかな。。

そう考えていると。

「ところでさあ、先生。」

急に、

お父さんが俺を呼ぶ。

『はい!何でし、、うっ?!』

お父さんが俺の股間をわしづかみにした。

「あの時の約束、守ってくれるんか、先生。」

股間を上下にさすり始めた。

『え、えっと、うっ、何の約束でしたか?』

「あん?覚えてねえのか?」

股間を触る手がぎゅうっと力が入る。

つ、潰れる。

『いっっ』

「俺以外の男からセックスの指導は受けねえんだなって聞いてんだよ。」

さっきまであんなに熱くなったお父さんの目が、

今はただただ怖い。

『はい、あの、お父さんとさせてもらってからは、

お父さんのことしか考えられなくて。』

それを聞くと、

お父さんは力を緩め、

優しく股間を撫で始めた。

「ふん、今も俺とやることしか考えてねえんだな。

このド淫乱変態教師が!まあ、

そんなとこが俺は気に入ってる。

これからこっちの方もよろしくな。」

チャックを開けられ、

そのまま到着するまで、

お父さんから股間を触られ続ける。

すでに股間が最大値を記録してしまい、

先走りも出てぐちゅぐちゅ音が鳴り始めた。

「本当、心底スケベな野郎だな。」

お父さんは呆れたような顔で 俺の頭をぼふぼふ叩いた。

ゴツゴツした手の感触が堪らなかった。

「よし、着いたぞ。」

着いたのは、

お父さんの会社のようだった。

俺の家に行く前に用事があったのかな。

『あ、お父さん、何か忘れ物されてたんですか?』

「いや、泊まりに来たんだよ。

先生、今日家に帰んなくて良いだろ?明日も俺のとこの指導なんだし。」

『え?!』

「今日はここで先生に、二回目のセックス指導してやる。」

半ば強制連行のような形で宿直室のような所に連れて行かれた。

「ほら、先生脱げ!」

部屋に入るとたちまち全裸にされてしまう。

『お父さん、あの、』

心の準備ができていない。

「ん?なんだ?やりたいんじゃないのか?風呂から出た後の俺をあんな物欲しそうに見ていた癖に。」

『うっ、そうです。』

「別に俺はやめても良いぞ?どうする?」

『すみません、やらせて下さい。』

「ん?聞こえねえ。お父さん、僕を抱いてくださいって俺にしっかり聞こえるように言え。」

『お、お父さん、僕を抱いてください。』

「その場で大の字になって、俺がその気になるように言え。」

『うっ、お父さん、僕をまた以前のように抱いて下さい!セックス、教えて下さい!』

恥ずかしい。

多分何回も言わされるヤツだこれと思っていると。

「くっ!がははは!おう!良いぞ、素直だな先生。お望み通り抱いてやる。

まあ今日はその素直さに免じて優しく指導してやるよ先生。」

ゴツゴツした手でエライエライと頭を撫でられ、

頭の後ろに手を入れられた。

「先生、俺を見ろ。まずは前戯からだ。」

『はい、んっ』

チュブっクチュっ お父さんの唇からタバコの風味が少しした。

顔の横、首、

首筋、乳輪と、

お父さんの唇が這う。

「妻にしてやるみたいに、先生を犯してやる。」

その言葉と吐息で、

電気が走ったみたいに、

快感に支配されていく。

『っ!あぁぁっあっ』

前回の激しさからの今日は優しくじっくり責められるセックスのギャップに、

完全にメロメロになってしまった。

「ようし、そろそろ許してやるか。今度はここを責めてやるか。」

ぐちゅ、、じゅぶじゅぼちゅ。

『あぁっあっあっ』

お父さんが俺のちんこを音を立てて舐めてはじめた。

「ここが気持ち良いんか?んん?おら、これはどうだ?」

先っぽを舌で転がしながら、

乳首を指で優しく触られる。

一番の弱点だ。

『あぁぁーっだめっですっあぁぁーあっ』

「すげえ感じるな。あんまやると本当に行きそうだからこの辺にしとくか。」

お父さんの責めが止まる。

『っはぁっはぁっあぁあっ』

危なかった。

後もう少しで発射するところだった。

「よし、次はここだ。」

足を開いたまま、

ケツ穴をいじくられ始める。

『そこはダメですよ、汚いから。』

「うるせえ、ほら広げろ。」

お父さんの舌が肛門から入ってくる。

『~~!!』

恥ずかしい気持ちと変な気持ちが入り交じって混乱する。


とりあえず、

ギュッと肛門に力を入れるしか出来なかった。

「先生、恥ずかしい体勢になってんぞ。

どうだ?俺みたいな親父に組伏せられるのは。」

「ほら、もっと力抜け。俺に身体預けろ。」

「後でこっちは俺のちんこでたっぷりいじめてやるからな。」

30分ほどお父さんの言葉責めが続いた。

そして、

全身はお父さんの唾液だらけでべとべとに。

何だかもう力が入らない。

「よぅし、じゃあちょっとシャワー浴びて、

そのあと先生のケツまんこを指導してやるか。」

お父さんが全裸になった。

すでにお父さんのモノは戦闘体制が整っている。

俺はというと、

さんざん責められた後の余韻でふにゃふにゃになってしまっていた。

「先生、感じ過ぎて気失う手前じゃねえか、ったく。仕方ねえな。おらっ」

お父さんが俺の身体をお姫様抱っこの要領で持ち上げる。

80キロはある俺の身体を軽々と。

お父さんの豊かな胸元の毛に顔を埋め、

運んでもらった。

二人全裸のまま、

シャワー室へ。

「先生、洗いっこするぞ。」

ボディソープでまずは普通に身体を洗う。

「おい、先生、ここを洗え。」

お父さんの股間へ誘導される。

早くぶちこみてぇ。

そう言わんばかりに、

お父さんのモノははち切れそうに大きく硬くなっていた。

ボディソープで、

玉と竿を念入りに洗っていると、

「よし、仕上げは、外に出て先生の口できれいにしてもらうか。」

さっと温水を浴びて、

バスタオルで身体を拭く。

俺が拭き終わる頃にはお父さんは布団に仰向けになっていた。

お父さんの横に座った。

「先生、じゃあ頼む。」

目を閉じて、

お父さんのちんこを咥える。

「うっ」

お父さんの身体が強ばる。

ちゅじゅぶちゅ。

一気に行かず、

焦らしつつ玉も触りながらフェラをする。

「うっうぉあっあっ」

お父さんの乳首も触りながら、カリ、裏筋とパーツ責めをしてみた。

「あぁ、気持ち良い、、」

あんなにオラオラとふんぞり返っていたお父さんが、

目をギュッと閉じて、

自分のフェラに感じてくれている。

嬉しくなって、

夢中になってしゃぶり続けていると。。

「やべっ先生、やめろっ出ちまうっうっ」

口の中にお父さんのちんこから暖かいものが吐き出された。

54歳とは思えないぐらい大量のものが出てきた。

そのまま飲んでみた。

「おい、先生、ティッシュに出せ、んなもん。」

あわててお父さんがティッシュを持ってこられたが、

全て飲み込んだ。

「飲み込んだのかよ。しかし、

まさか先生に口でいかされるなんてな。

ちょっと休憩だ。」

20分後くらい経過し、

「さあ先生、入れるぞ。セックスの指導だ。力抜けよ。」

『ぐっあぁっあぁ』

驚異的な回復力で再びお父さんのエッチ再開。

やはりお父さんのちんこはデカい。

騎乗位で入れていくが、

自分のケツが悲鳴をあげている。

「根本まで入ったぞ、先生。今日はゆっくり動かしてやる。

いたかったら言えよ。」

『すみません、お父さん、すでに痛いです。』

「あ?我慢しろ。だんだん気持ちよくなる。」

優しいのか荒いのか分からない。

ただ、

時間がたつにつれ徐々に痛みが消えてきた。

「よぅし、動かすぞ。」

ぐちゅっぐちゅっぐちゅ 以前よりゆっくり目のストロークで始まった。

「先生。俺を見ろ。感じるとこ見ながらやりてぇ。」

お父さんの強い目が俺を捉えた。

「真面目そうなのにとんだドエロ教師。ギャップが良いよなぁ。」

『お父さんがそうさせてくるんです、あっ』

「何人もそうやって言ってきてんだろが。」

『いや、本当です。』

「ウソをつけぇ~!純粋に男とのセックスが好きなんだろが。

おらっ前みたいに突き上げてやる!」

パンパンパンパンパンパンっ! 急に激しく腰をふられる。

『!!ぅああっがっあっあっ』

「セックスが大好きなだけですって正直に言えおらっ!」

『あっああっちがっ』

「まだウソつくんか!俺の前でくだらないウソつくんじゃねえ!ヒロ先生!」

『あっうぅっセックスがっああっ大好きですっあぁっ』

「よぅし、正直に言ったな。このままぶっ壊してところてんさせてやらあ。」

パンパンパンパンっ!

さらにつきが激しく重くなる。

『気持ち良いっああっもっとっああっ』

「もっと何だ?先生」

『ああっもっとついて下さいっああっお父さんとのセックスが大好きですっああっ』

「よーし、ほらっもっと激しくつくぞ!」

お父さんは俺を抱えて、

駅弁スタイルにする。

『あぁっ!あっあっ!』

早いだけじゃなく、

深く深く自分の中にお父さんのものが突き刺さる。

俺のちんこからは最高潮に先走りとしろいものも出ていた。

これがところてんだった。

「がぁっもう出すぞっあぁっ!」

また、

自分の中に暖かいものが吐き出された。

「くっうぅ!」

お父さんのちんこが抜かれたケツから、

血とお父さんの精子がどんどん出てきた。

「はぁっはぁっあー」

ドカッと音を立てて、

お父さんが俺の隣にたおれこんだ。

そのままスイッチが切られたパソコンのように、

俺とお父さんは寝落ちした。

気付くと、

かけ布団がかけられ、

お父さんの姿はなかった。

時刻は6:52分。

テーブルの上にはメモ書きが。

「仕事行ってくるぞ、先生。」

決してきれいではないけど、

芯のある字が残されていた。

また、

お父さんに抱いてもらえた。

尻の痛みと共に、

自分の気持ちもまたズキリと痛んで、

ますますお父さんに夢中になっていた。

88x31_2