ビデオBOXで鍵を掛け忘れて 1

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

長くなるので2回に分けます。

男とはした事なかったんですがアナル系のAVを観過ぎたせいでアナニーが大好きになりました。

先日アナニーをしたかったけどアパートの部屋だと壁が薄く周りに聞こえてしまうので、

ビデオBOXにオモチャを持って行きました。

久し振りだったのでいそいそと受付を済ませて部屋に入りました。

トコロテンも撮りたかったのでカメラをセットし、

エロASMRの音源を予めスマホにダウンロードしておいたのをヘッドホンで最大音量で聴きながら寝バックの体勢で始めました。

音に集中する為に目隠しもしてディルドで前立腺を捏ねくり回し、

もう一本持ってきてたのを喉奥まで咥え、

マワされてるのを想像して大声で喘ぎながらトコロテンするまでズボズボしました。

引き抜いたばかりの生暖かいディルドを、

余韻を味わいながら口でお掃除してると、

突然上から人に乗っかられた様な重さが。

目隠しで見えないまま暴れようとしましたが身動き出来ない位押さえつけられ、

お尻にいつものシリコンとは違う感触と熱さを持つ異物を押し当てられ挿入されました。

実は初めてのチンポでしたが、

結構解れてたのでさっきまで挿れてたディルドより少し太めでキツかったですけどすんなり奥まで入りました。

ヘッドホンを取られ耳元で

「扉の前通ったら喘ぎ声丸聞こえだったぞ。

鍵も掛けねえで何してるかと思ったら(笑)

そんなにヤラレたきゃ金玉空っぽになるまでヤッてやるよ」と言われました。

自分では鍵を掛けたつもりで、

あまりにも早くアナニーしたくて焦ってたので掛け忘れた事をこの時知りましたが、

後の祭りでした。

腰をガツガツ叩きつけお腹中に衝撃が伝わり、



心臓までチンポで殴られてる様でした。

自分でする時と違って、

こっちの事なんかお構えなく好き勝手に掻き回されるのが今まで無かった感じで、

前立腺にもコリコリ当たりトコロテンしてしまいました。

動きがだんだん激しくなってくると

「実は生で入れてるんだよ。このまま種付けしてやるからな」と言われたので

「やめて!抜いてよ、抜いてください!!」と

身を捩りながら懇願しましたがびくともせず、

「うるせえな、咥えてろ」と

ディルドを喉奥まで突っ込まれたので観念しました。

さっきまでアナニーしててまだ気分が抜けてない事もあり、

抵抗する意志も消え失せ、

されるがままになっていると

「ああ〜イクイク」と、

そのままお腹の一番奥までチンポを押し込まれ、

ドクッドクッという感触とともにお腹の中に生暖かいのを出された感じがありました。

「ほら掃除。カメラでその顔しっかり撮ってやるよ」と言われ、

引き抜いたチンポを口元に押し付けられ腸液とローションとザーメンに塗れたのを舌で舐め取りしゃぶりました。

鈴口に唇を当てて、

中に残ったザーメンも吸い取りました。

その最中にお尻からブチュブチュ音を立ててザーメンを漏らしてしまいました。

自分の以外で初めて味わったザーメンは、

青臭い匂いも強くかなり濃くて喉に絡まってなかなか飲みくだせなかったですが、

口や鼻に広がる味や匂いで堪らなかったです。

男が電話し始め

「おおオレオレ。今どこいんの?あいつも一緒?良いオナホ見つけたから○○のビデボ来いよ。」と

仲間を呼んだみたいでした。

「三人で朝まで犯してやっからな。

覚悟しとけよ」と言われゾクゾクしました。

続く

88x31_2