年下の可愛いセフレの快楽の為に騙された件。②

 

br1

 

これっ!ってかなりデカい!

近くで見るとデカさが異様に際立つ。

これを俺のアナルに?無理無理!!って首を振ると

さっき解しておいたから大丈夫!って言いやがった。

でもさすがに物理的に無理と思ったのか

先に指で解すらしい。

今回はいきなり2本指挿入。

これでも結構キツくて身悶えしていると

チンコも触ってきた。

その瞬間電機が走ったように気持ち良かった。

アナルとチンコがつながったような感覚

その反応を見たセフレがアナルで感じる男は

乳首も感じるようになるって、トンデモ理論振りかざして

乳首を攻めてきた。

最初は右乳首。

もちろん感じる事は無い。くすぐったい感じかな。

でも左は違った。

触られた瞬間チンコとアナルの間ぐらいから電気が走った感じで

今まで味わったことのない快感。

ビクンと体が反応してしまった俺を見て

ほら!気持ち良いっしょ!だってさ。

なんだこの力関係。

年も上でタチの俺がリードしてたのに何故こうなった。

いつの間にか180度立場が変わってる。

そしてついにバイブが俺に挿入された。

流石に解してくれたおかげで

痛みは少なかったけど圧迫感

そしてアナルを異物に犯されているという非日常に

俺のチンコは更に硬さを増した気がした。


セフレはまたバイブを俺のアナルに入れると、

微妙な角度をつけて動かしてくる。

それにあわせて俺の腰が自然と動く。

そのたびに、憎たらしいけど可愛い顔して笑うんだよ

若い男の子特有のすごい!ヤバい!の連呼。

そしてセフレがバイブを動かさなくなってきたので

自分で腰を動かしてみることにした。

なんだろう自分で動くからかさっきとは違う感覚の気持ち良さ

多分前立腺とかにゴリゴリ当たっているんだと思う。

ガチガチのチンコからはダラダラと汁が流れ出していた。

もう今までにない膨張率硬さになったのを確認したのか

セフレが再た俺に跨り騎乗位で腰を落としてきた。

アナルを犯されながらも

若い男の子の締まりのよりアナルの感触をチンコで受け止める

その頃には足腰の力が戻っていたんで

今までで一番硬くなったチンコで下から突き上げていると

セフレが大きい大きいって叫びながら

ピンと可愛らしく勃起したチンコから我慢汁をダラダラと溢れさせ始め

俺の名前を呼びながら恍惚の表情でトコロテンした。

セフレがイク時アナルがこれまたキューって締まり

相乗以上に気持ち良くなった俺はセフレの中で逝ってしまった。

グッタリしている俺を若くて回復力の高いセフレが

またM字開脚状態にさせアナルを舐め始めた。

もう抵抗することも出来たが気持ち良かったんで

セフレがやりたい様にやらせることにした。

セフレは俺のアナルを観察して

もっと大きいのイケるかとかブツブツ言ってたけど

聞かなかったことにした。

何か新しい扉が開いた気がする・・・・

ちなみにセフレに俺のチンコより大きなバイブ勝ってやろうかって言ったけど

俺のが良いって可愛い事言ってたんで

こんど上手い飯でも連れてってやろうと思う。

88x31_2